事務所オフィス内に自立間仕切り目隠し壁を立てる工事順序

室内の印象が暗くて照度も印象も明るくするための改修工事を以前に行った事務所建物で、外部から出入りする玄関の手前に、中の様子を見渡せない目隠しのための自立壁を設置することになりました。

現地組立てはあらかじめ日程を定めて、事務所の方々には一旦退避をしていただきました。にっていを

目隠し壁を自立させて立てる

床がOAフロアの浮き床で、天井の下は解放して、壁だけで自立することになりました。床と天井がをつなぐことができれば、軽量鉄骨下地で床と天井をつないで壁を立てることができますが、自立壁のために壁の下地は木で作り組み立てることになりました。

別場所の工場で木下地を組んでおく

現地の組立てを最短にして、事務所の方々の退避期間を短くすることを考えて、木の下地組みは工場で一旦仮組み出来るまで加工して現地に運び込まれました。

現地組み立て

現地では部材の加工が無いために端材や削りゴミが出ないため、キレイに作業が進みます。

はじめに既存の床のOAフロアを剥がしてコンクリート床を出し、そちらに木の土台材を据え付け固定します。コンクリートの床に穴を開けて固定接着剤を入れて、ボルトを差し込みます。固定接着剤が固まったところでナットを締めて、木の土台材をコンクリート床に固定しました。

次に、土台材の凹穴に、下端を凸加工した柱や間柱を指します。柱や間柱の上端を繋いで、柱や間柱の垂直を出したところで、ネジで各部材同士を固定して、下地骨組みが組み上がりました。

板ボードを貼る

組み上がった下地骨組みを包むように、板ボード材が貼られネジで固定されました。これを貼ることで更に壁自体の固定度が増します。

貼った板ボードは、木ベニヤが複数のり付けされた合板の片面に、この後壁紙を貼りやすくするための紙が貼ってある板材です。

表面壁紙クロスを貼る

下地骨組みが完成すると、表面の壁紙クロスが貼られました。

板材を固定するためのネジ穴と、板材と板材のつなぎ目にバテを塗って平滑にして、乾燥したら壁紙を貼って行きます。

壁紙は、幅90センチくらいの短冊を縦に貼りついでいきます。隣り合う壁紙に端を当てるように突き付けて貼り合わせ、空気を抜くようにヘラで伸ばし、ローラーでシゴいて接着させて、最後端を切り落とします。

床との下端は、巾木を覆うように貼って壁の完成です。

ウェスタン扉を付ける

自立壁の完成後、玄関と室内を仕切る簡易扉=ウェスタン扉が付けられました。

カギも取っ手もなく、どちら側からも押して入ることが出来て、また戻る金物が付いてる扉です。扉自体は手で押されるので、汚れないようにメラニン材を表面に貼っていただきました。

無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まいや建物〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。ただし 間取りプランの検討や作成など 費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


相談フォーム(下のボタン)から、もしくは電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は初回無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ