大学キャンパス施設の隣接大小建物の外装外壁磁器質タイル統一デザイン

東京世田谷の大学キャンパスで元々 体育館と屋内プールが合わさって建っていた建物を建て替えて、教室棟とスポーツ棟を建てる計画になりました。こちらの計画を「古橋建築事務所」様が設計監理され、意匠部分の設計監理を担当させていただきました。

教室棟は6階建てで、スポーツ棟は地下に屋内プール地上に体育館の建物です。

6階建ての教室棟と2階建ての体育館の外装材アイテム

この大小とも言える大きさの2つの建物の外装材料については、

  • 磁気質タイル(緑と白)
  • アルミパネル(薄い灰色)
  • アルミサッシ窓(アルミ色)

の共通アイテムで構成することになりました。

異なる2つの建物を一対のデザインにする

大きさも用途も全く異なる建物が隣接して同時に建設されます。上記の共通の外装材を定めて、形は違えども2つの建物が一対のデザインになる様に設計されました。

磁器質タイル

外壁の押出し成形セメント板の上に貼られた磁器質タイルは、目地を含めると5センチ角のタイルです。光沢の無いザラザラとした表面で、濃い緑色と白色の2色のタイルで貼り分けられました。

敷地キャンパスに入る門から奥に向かって続く壁に濃い緑色のタイルが貼られ、緑色のタイル壁に取り付く体育館の外壁には白色のタイルが貼られました。

教室棟の外壁はスポーツ棟の緑色の外壁と直交する面に緑色のタイルが貼られて、立体的な構成を形作っています。

アルミパネル

緑色と白色のタイルに加えて、外壁材、軒裏天井材としてアルミパネルが貼られました。

アルミパネルは、

  • 大きな寸法のパネルになれる
  • 表面塗装を自由に指定できる
  • 重量が軽量のために貼り付け下地材も軽量で良い
  • 耐候性が高い
  • 不燃材である

という理由から多用されてます。

アルミサッシ

外壁開口部の窓は、アルミ製のサッシ枠組みが取り付けられました。水密性、気密性、断熱性、耐火性、軽量性に優れています。

ガラスは複層ガラスがはめられていて、断熱性能や防音性能が向上しています。

防火設備になる部分は網入りガラスが一般的でしたが、最近では網無しガラス=耐熱強化ガラスが普及しています。ガラスにフィルムを貼った場合の網入りガラスのヒビ割れの心配が無くなりました。

無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まいや建物〉を実現して下さい。


メールや電話によるご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。ただし 間取りプランの検討や作成など 費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


相談フォーム(下のボタン)から、もしくは電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は初回無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ