大学キャンパス体育館施設の外装外壁タイル貼りとアルミ金属パネル仕上

東京世田谷の女子大学「昭和女子大学」のキャンパスで屋内プールと体育館が一体になった施設がありました。キャンパス内の整備計画により既存のプール+体育館は建て替えられて、地上6階建ての「教室棟」と地下プール+地上体育館の「スポーツ棟」の計画を「古橋建築事務所」様が設計監理されました。2つの棟のひとつの「スポーツ棟」の意匠設計+工事監理を担当させていただきました。

同時に建設される教室棟と同じ材料

同時に建設される「教室棟」と「スポーツ棟」は、その用途が異なるので、規模も外観も異なります。ただ、外壁外装は、以下のモノを共通材料にして、対になる一組の建物群として設計されました。

  • 磁気質タイル
  • アルミパネル
  • アルミサッシ

磁気質タイル

5センチ角の正方形のタイルで、白色と濃緑色の2色のタイルで貼り分けられました。教室棟とスポーツ棟の壁面が直交する方向に濃緑色のタイルは配置され、2つの棟の濃緑色の壁面の構成によって、より立体的な構成を形成しています。

アルミパネル

5センチ角の細かな粒子を見せるタイルに対して、大きく平滑な面を構成するアルミパネルが薄灰色で外壁に貼られています。細かな粒子と大きな面の対比により、相互にその存在が強調されています。

立体的な構成

スポーツ棟の濃緑色のタイルは、キャンパス入り口ゲートに立つと、キャンパス奥に向かって続く壁に貼られて、教室棟とスポーツ棟に挟まれた広場に学生さん達を誘う効果を出しています。広場には大屋根が深く突き出して、多くの学生さん達を包み込む設えになっています。

無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まいや建物〉を実現して下さい。


メールや電話によるご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。ただし 間取りプランの検討や作成など 費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


相談フォーム(下のボタン)から、もしくは電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は初回無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ