大学体育館施設の地下屋内温水プール更衣室の位置と工夫設計

体育館を地上に、屋内プール地下に配置した東京都内の大学施設「スポーツ棟」建物の建て替えは、「古橋建築事務所」様が設計監理を担当され、そのうちの意匠の設計監理を北島建築設計事務所が担当させていただきました。

対に2室ある

地下に配置された屋内プールには、水着に着替える更衣室が必要です。一定の人数のクラス単位で着替えていただく部屋は、2クラス分確保されて、対になるように配置されました。

プールから近くて遠くする

プールで泳いだ後、すぐに着替えに更衣室に向かうと体にはプールの水がタップリ付いていて びちょびちょです。歩くたびに水滴は床に落ち、水滴はそのまま放置されます。

床に落ちた水滴を処理するために、床をスノコにしたり、タイルを貼って水勾配をつけて集め排水溝に落とすことにして処理されます。

体についた水滴が床に落ちて排水処理が出来るように、プールから更衣室までの通路に曲がりを設けて、かつ距離を出来る限り長くすることが必要になります。

更衣室に水滴や湿気を持ち込まないためです。

洗面・シャワー・トイレ

プールから更衣室までの経路を曲げて距離を長くした通路には、洗面・シャワー・トイレなどの諸室を面して配置しました。

色付けして判別

更衣室で水着に着替えた後、プールに入って泳ぎ、授業が終わってプールから上がり、更衣室に戻ります。クラス単位で授業を行い、友達同士で更衣室に戻るので、着替えに戻る更衣室を迷う事はあまり無いようですが、それでも対に配置されている自分が着替えた更衣室を見間違えないように、

  • 出入り口の扉
  • 更衣室の壁
  • シャワーブース
  • トイレブース

をアクセントの色で塗り分けて、見間違えないようにしました。

無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まいや建物〉を実現して下さい。


メールや電話によるご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。ただし 間取りプランの検討や作成など 費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


相談フォーム(下のボタン)から、もしくは電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は初回無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ