大学キャンパス体育館施設の防音吸音音響設計

東京世田谷の大学校内に地上6階の「教室棟」と地下2階地上2階の「スポーツ棟」(地下プール+地上体育館)の建替え計画について古橋建築事務所様が設計監理され、「スポーツ棟」の設計監理を担当協力させていただきました。

体育館で発生する音

体育館では様々な球技や運動、ダンスなどが複数単位で行われます。すると

  • 投げられた球が壁や床に当たった衝突音
  • 生徒が疾走したり跳躍したときの床の衝突音
  • 大きな掛け声や奇声

などが常に発生します。

吸音(消音)の必要

体育館内で発生した衝突や声は音になって体育館内に伝搬します。体育館は音に対する配慮をしなければ、床・壁・天井ともに硬い板貼りになることが多いため、硬い板は音を消すことなく反射させます。反射した音は進み続けて、いつしか音の発生場所に戻ってきます。

音は全方向に響いて進みますから、反射音も様々な方向から戻ってきます。反射音の到着は反射する場所の距離によって変わるので、反射面が多いと長い間 反射音が聞こえていることになります。

すると会話や掛け声の内容が反射音と重なって聞き取りにくい状況になるのです。

そこで発生した音を反射させない仕組み=音を吸収する壁や天井にさせる必要があります。

壁と天井が吸音面

音が反射しないようにするには、壁や天井の板になるべく沢山の穴を開けて、穴を通過した音を壁の中に吸い込んでしまう方法です。

体育館の室内に面する板に穴を開けて、裏側に多少の空間を空けて、その奥に綿の様な吸音材を設けて、穴を通過した音が吸音材に吸い込まれて、板の外に出ないようにしてしまいます。

ボールが当たると吸音壁が割れる

体育館内で行われる運動や球技では、壁に身体や球が当たります。吸音のために開けた穴の割合が高過ぎると壁は身体や球の衝撃に耐えられずに割れてしまいます。

そこで板に開ける穴の割合は吸音性能を維持出来るまで最小限にして衝撃に耐えられるようにして、かつバスケットゴールの周囲は穴の開かない板を貼り付けることにしました。

無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まいや建物〉を実現して下さい。


メールや電話によるご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。ただし 間取りプランの検討や作成など 費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


相談フォーム(下のボタン)から、もしくは電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は初回無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ