大学校体育館スポーツ施設の壁面取り付けバスケットゴール

世田谷区の学校内の「スポーツ施設」(プール+体育館)があって、建替えの設計・監理を「古橋建築事務所様」がされ、「スポーツ棟」の意匠設計と工事監理について担当させていただきました。

バスケットボールの球技コート

体育館の大きさ広さ寸法を定める時は、各球技のコートの広さが確保できるかどうかでその広さが検討されることが多いです。学生の学校施設内で行われる球技は、

  • 屋内テニス
  • バレーボール
  • バスケットボール
  • バドミントン
  • 卓球

などです。

これらのうち、どこまで行われるかが選ばれて、最大のコートを必要とする球技の広さで、体育館の広さが定められる場合が多いです。

すなわち、体育館の大きさ広さを説明する場合、「屋内テニスが出来る広さ」とか「バスケットボールが出来る広さ」とか「バレーボールが出来る高さがある」という説明が分かり易いからかと思います。

バスケットゴール

今回は、テニスは行わず(校内ではテニスは屋外で行うとされている)、バスケットボールが出来る広さと定められました。

その広さは、コートの周囲に空地を設けて 31.6メートル × 17.2メートル で、広さが定まりました。下記の図の紫のラインがバスケットボールのコートラインです。

バスケットゴールは、壁面に取り付けられました。通常は壁面に付くように収納されていて、球技をする際は伸ばされて正しい位置に設置されます。

他に壁面などに固定されずに、可動式の床から伸びる器具もあります。その場合には収納する広い倉庫が必要になります。

その他の球技のコート確保

他は、

  • バレーボール・・・・2面
  • バスケットボール・・1面(練習用ゴール4カ所)
  • バドミントン・・・・4面

確保できました。

練習用のバスケコートも確保されました。

無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まいや建物〉を実現して下さい。


メールや電話によるご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。ただし 間取りプランの検討や作成など 費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


相談フォーム(下のボタン)から、もしくは電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は初回無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ