大学キャンパス体育館施設の壁面の吸音性能と球技の耐衝撃ボード

東京世田谷の大学校敷地内にある体育館と屋内プールが、学校全体の施設計画によって建て替えられました。「スポーツ棟」(地下プール+地上体育館)と名付けられた計画を古橋建築事務所様が設計と監理を担当され、その意匠設計+工事監理を担当協力させていただきました。

体育館の音響・吸音機能が必要な理由

体育館では球技や運動、ダンスなどが行われるため、床は柔らかい素材ではなく少なくともフローリングのような硬さの素材が必要です。

また球技のボールや道具が投げられて壁に当たって衝撃を受けるので、壁も相当の硬さが必要です。また宮野また

運動や球技が行われるときは無音で行われるわけではなく、掛け声やボールの衝撃音が鳴り響きます。

鳴り響く音は床や壁に当たるとそのまま反射して体育館の中を響き渡ります。それは時間が経ってから聞こえる音もあり、音と音が重なって聞こえ、内容が聞きづらくなってしまいます。

この音と音が重なって聞こえないようにするために、壁や天井に伝わった音が吸収されて反射反射して戻って来ないようにすると、聞こえやすい体育館になります。

よって音響の設計を行って壁や天井面で吸音性能を持さなくてはなりません。

吸音の方法

体育館の中で発生した掛け声や衝撃音を壁や天井で反射しないで吸収させてしまうには、お布団のような綿に当てると振動が止まり音が反射しなくなります。しかし体育館の壁や天井を布団のような柔らかい素材で仕上げると、汚れたり投げられた球がボールが戻って来なかったりするので、表面は硬い素材で作らなければなりません。

この吸音の役割と、衝撃に耐える硬さの役割を同時に確立するために特殊な穴あきボードと吸音ボードが取り付けられました。

壁と天井に穴が開いている

はじめに壁も天井もボールや体の衝撃に対し耐えられるように、金属の棒を一定間隔で並べた下地に約10ミリの燃えない板を貼り付けます。

この板に均等感覚に穴を開けて、響いて来た音の全てが反射しないように板の穴を通過させるようにします。通過した音は、板の内側に取り付けられた綿のような吸音材に当たって振動を止められて音が消える仕組みになっています。

これを壁と天井に施して、体育館内で発生させた音が重なって聞こえないようにしています。

無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まいや建物〉を実現して下さい。


メールや電話によるご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。ただし 間取りプランの検討や作成など 費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


相談フォーム(下のボタン)から、もしくは電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は初回無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ