大学キャンパス体育館施設の球技競技のための耐衝撃壁面と防球ネット

東京の設計事務所「古橋建築事務所」様 が 設計と監理を担当された「昭和女子大学キャンパス内の『西体育館』(プールと体育館)」の、意匠設計+工事監理を担当協力させていただきました。

体育館の使われ方

体育館では、どんなにその使い方を制限しても、教室や講堂では行わない激しい運動や球技が行われます。身体やボールが傷つかない範囲の運動エネルギーが発せられると考えて内装は設計されます。

壁に当たるボール・壁の耐久度・有孔ボードは壊れる

身体やボールのスピードが速くなれば、床や壁、天井に当たる身体やボールの衝撃も相当になります。

運動エネルギーや衝撃が度を越せば、身体やボールが当たる壁はその硬さが保てないと壊れて割れたりズレたりします。

体育館の壁は、耐衝撃性を維持しなければなりませんが、同時に体育館内の発生音や衝撃音を吸音するために、穴を開けて吸音性能も保持しなければなりません。

そこで、吸音性能の下限を維持するまで穴の大きさと数を少なくして、耐衝撃性を維持することとしました。

ただし、バスケットボールの衝撃は一番強いことが分かっているので、バスケットゴールの周囲の壁は、穴を開けないことにしました。

意外なところまで飛ぶボール・引っ掛かりを作らない

他方、体育館内で投げられるボールは、想像を超えた高さや場所まで飛び上がるようです。また、考えも付かないような場所に入り込み、引っ掛かり戻ってこなくなる状態を確認しました。

そこで、こちらの体育館の壁や天井には、ボールが入り込むような場所を極力無くしました。

ボールがはまらない様にネットを張る

採光に必要な高窓部分にボールが引っ掛かってしまわぬように、床から上がる壁の位置と同じ場所に、取り込む採光の邪魔にならずに、ボールにも引っ掛からない目の細かいネットを貼って防止しました。

無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まいや建物〉を実現して下さい。


メールや電話によるご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。ただし 間取りプランの検討や作成など 費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


相談フォーム(下のボタン)から、もしくは電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は初回無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ