大学体育館施設の内部壁面コンクリート打放しと鉄扉建具枠納まり

東京世田谷の大学校校内の「スポーツ施設」(プール+体育館)が建替えになり、設計監理を「古橋建築事務所様」がなされ、その地下プール+地上体育館の「スポーツ棟」の意匠設計と工事監理を担当させていただきました。

コンクリートは曲がる

コンクリート構造は現場で人力で組み立てられます。

  • 挿入される鉄筋
  • コンクリートの形を造る型枠
  • 型枠を支える単管パイプ
  • 型枠の中に流されるコンクリート

で造られます。現地で組み立てて、造るので、どうしても数ミリ~数センチ 形が曲がり、多少の誤差が生まれます。

現場で手作りするモノ と 工場製作物の同居

現場で組み立てられるコンクリートと、工場で製作される 例えば金属製の扉が取り付けられる場合、コンクリートの誤差寸法と金属製扉の正確な工場製品寸法とを吸収する場所があらかじめ設けられて、扉は取り付けられて行きます。

それは、コンクリートと金属扉との間に隙間を「目地」として設けて、寸法の誤差を吸収する部分を設ける方法です。隙間にはゴム状のシール材を充填します。

目地とチリの調整代

コンクリートと金属扉の間には目地を設けて寸法違いを調整すると同時に、片方を大きくはみ出させて、寸法違いを目立たせない方法も行われます。

この片方をはみ出させることを「チリを取る」と呼び、にはみ出る寸法を「チリ」と呼んでいます。

また、天井板との接点にも目地を設けて、壁の施工誤差曲がりを吸収するようにしています。

無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まいや建物〉を実現して下さい。


メールや電話によるご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。ただし 間取りプランの検討や作成など 費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


相談フォーム(下のボタン)から、もしくは電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は初回無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ