大学校スポーツ体育館プール施設汚れにくいシャワー室内装ブース

東京三軒茶屋にある大学校内の体育スポーツ施設の建替え計画で、古橋建築事務所様が設計監理を担当されて、そのうち北島建築設計事務所に意匠設計+工事監理を協力担当させていただきました。

プールのシャワー室

屋内プールに付属する脱衣洗面室の横にあるシャワー室の内装では、可能な限り汚れない材料で作って、運営が始まってからの清掃を明快にして容易に清潔を維持することを目指しました。

シャワー室の汚れは、

  • 利用者が残すチリ
  • 湿気で発生するカビ

を常に清掃で取り除かねばなりません。

水に強い材料

プールのシャワー室はプールに隣接する場所にあるので、常に「びしょびしょ」な状態です。そのような状況で、壊れず、剥がれず、錆びず、汚れがつかない材料を選んで作る必要があります。

錆ない材料

湿気が充満しているシャワー室でまず心配されるのは、使用される部品が錆びないかどうかです。錆びる材料は金属になりますが、利用者さんが肌を晒す場所なので、肌を傷付けないためにも可能な限り金属を使わずに樹脂や磁器を使用することもありますが、どうしても金属を使用しなければならない部分や樹脂では作れない部分があります。

金属で作られる部分は、

  • シャワーや水栓のカラン
  • 間仕切り板の止め金具
  • 床や壁の材料見切り縁
  • 排水口の蓋
  • 照明器具

です。

これらは全てステンレスもしくは鉄にメッキ処理された材料で作られています。錆びない材料で作られている部品が選ばれています。

腐らない材料

湿気や水分が溜まっていると触れている物質は化学変化を起こしてしまうことがあります。化学変化を腐ると表現する場合があります。

シャワーは一人づつ利用して、隣りの水滴が飛び掛からないようにするために、板状の材料を立てて仕切ります。その仕切り板は、表面は水分を弾いて、内部も固い樹脂材が充填されていて湿気や水分が入り込まない材料を使用しています。

汚れない材料

シャワーで洗い流されるモノは飛び散り、壁や天井に当たり床に落ちて水に流されて排水されます。飛び散った後に流され落ちないモノは掃除の際薬品や水を掛けられて排水と共に流されます。

この時に床壁天井に付いたモノが、取れ易く水に流され易ければ、室内は清潔を保ち易く、その内装材は汚れない材料となります。

表面にモノが付着し難い材料とは、材料自体の粒度が密で、表面がツルツルしている材料です。

シャワー室では、

  • 床壁を磁器質タイル
  • 天井を樹脂板
  • 間仕切り板を高圧メラミン化粧ソリッドパネル

が採用されました。それぞれ表面はツルツルしていてモノが付き難く、付いても洗い流され易くなっています。

無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まいや建物〉を実現して下さい。


メールや電話によるご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。ただし 間取りプランの検討や作成など 費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


相談フォーム(下のボタン)から、もしくは電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は初回無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ