大学キャンパス体育館プールの汚れにくいトイレ便所洗面所の設計

東京都世田谷区にある学校のプール+体育館が建替えとなり、その計画の設計監理を「古橋建築事務所様」がなされ、地下プール+地上体育館で構成される「スポーツ棟」の意匠設計と工事監理を北島建築設計事務所が担当させていただきました。

トイレは汚れる

トイレでは「何でこんな所が汚れるか?」と思うくらい、予想できない場所が汚れます。これはトイレ掃除をされる方なら、一度は思ったことかと思います。

建主様からは「汚れないトイレにして欲しい」とご要望をいただきます。けれども予想出来ない汚れは付くと思われますので、「汚れが取り易い」トイレの内装を設計しています。

汚れが落ちる材料を使用する

トイレの床や壁に「汚れが取り易い」材料を選ぶとき、以下のような材料を選んでいます。箇条書きの順序は、上側が高額で下側が安価としています。材料はその下地の状況で使用できるものと出来ないものがあります。

  • 自然石御影石+表面撥水剤塗布
  • 磁器質タイル
  • エポキシ樹脂塗り床
  • 塩化ビニールシート

  • 自然石御影石+表面撥水剤塗布
  • グラサルボード
  • 磁器質タイル
  • メラミン化粧板
  • ビニールクロス(凹凸なし光沢あり)

地下プールに付属するトイレでは、湿気が多少でもある状態から、床壁の防水性も維持することが必要だったので、磁器質タイルが選ばれました。

防水性がある下地の上に貼られた磁器質タイルの場合は、薬品を掛けてジャブジャブ洗える利点があります。

 →関連記事「本社オフィス建物の汚れないトイレ」

 →関連記事「工場事務所オフィストイレの汚れにくい内装材料と照明」

無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まいや建物〉を実現して下さい。


メールや電話によるご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。ただし 間取りプランの検討や作成など 費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


相談フォーム(下のボタン)から、もしくは電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は初回無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ