大学キャンパス体育館プール施設の内装仕上材料素材色彩デザイン

まだ新築されて20年経たない屋内プールと体育館の建物が、学校の新方針によって建替えられることになり、「古橋建築事務所」様が設計・監理を行った地下屋内プール+地上体育館の「スポーツ棟」の意匠設計と工事監理を担当をさせていただきました。

部屋の機能と仕上げ材料の印象

地上に体育館、地下に屋内プールのスポーツ棟の内装インテリアデザインでは、流行に左右されない長く愛されることを願って設計デザインされました。

それは奇をてらうことのない、体育館という機能を素直に表現して、屋内プールに必要な機能とイメージ感覚を真正面に表現したことです。

エントランスホール

スポーツ棟の顔であるエントランスホールは左右に長いチューブのような空間です。体育館に直接入る人、体育着に着替えるのために地下の更衣室に向かう人、千佳のプールに向かう人、などなどが必ず入り通る場所です。

こちらは独自の内装と言うよりも、外部と内部の中間的場所と位置づけられてデザインされました。外部空間が内部へ進入し(外部の床タイルがそのまま敷き詰められて)、内部の体育館の雰囲気が壁に滲み出ていて(体育館の壁面の木板が貼られていて)、内外が合わさっている内装になっています。

 →関連記事「大学キャンパス体育館スポーツ施設の内装床壁天井材料」

体育館

体育館は行う体育館で行われる運動や球技はスピードと躍動に溢れています。その運動は可能な限り明るい空間で行っていただきたいと考えました。

床をフローリング、壁を木目調の板材で仕上げ、木は出来る限り明るい木目を選びました。(日本名でカバノキという樹種でフィンランドさんの木材です)

プール

屋内プールではその水と湿気の影響によるカビや菌からの清潔を保つことと、地下であることによる明るさを保つために、素材や色彩が選ばれました。

水と湿気を隣に通さないために、表面の清潔さを保つために、明るい印象を保つために、床と壁の仕上げは白い磁器質タイルが選ばれました。

床は滑り止めでザラザラとした素材、壁は水や湿気を弾くために光沢のある素材になりました。

地下屋内プール天窓トップライト

無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まいや建物〉を実現して下さい。


メールや電話によるご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。ただし 間取りプランの検討や作成など 費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


相談フォーム(下のボタン)から、もしくは電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は初回無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ