木造2階建て賃貸アパートのトイレ風呂洗面脱衣洗濯水廻り設備室の間取りプラン

アパート水廻り室の間取りプラン

東急東横線中目黒駅 徒歩7分の閑静な住宅街の中の敷地に、木造2階建ての賃貸アパートを建てる計画で、建主様の間取りプランについてのご希望は、設計のはじめに

  • リビング(寝室)は可能な限り広くする
  • 水廻り室はリビングと区別する
  • トイレは水廻り室と区別する
  • 風呂(ユニットバス)の中に洗面器は設けない
  • 収納は沢山あって良い

とお伝えいただきました。建物全体は敷地に限界まで大きく確保されました。内部はそれを1階は3分割、2階は半分に分割された限られたスペースの中において間取りプランが検討されました。

一度出来上がった間取りプランも見直されて改良され、その度に水廻り室が集約されて、リビングのスペースが広くなっていきました。

水廻り室の集約

水廻り室の集約は、ひとえに通路部分を集約することに尽きます。ユニットバスや洗面台、洗濯機などの機器の大きさは変えられませんから、いかに効率よく機器を並べるかという課題になります。

水廻り室の間取りプランの集約は、実は入居者様の使い勝手の良さにつながっています。

木造賃貸アパート間取りプラン

間取りプランの検討は初めに描かれた間取りプランから、少しずつ少しずつ余分な通路や場所が省かれて、水廻り室が極限まで集約され、リビングが広く確保されました。

トイレを分離

トイレは、洗面脱衣室から入ることは避けました。1階は通路から、2階はLDKから出入りすることにされました。

木造賃貸アパート間取りプラン

アパート・マンションの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈長く満室を確保する賃貸アパートマンション〉を実現して下さい。


ご相談の初回は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。ただし 計画ヴォリュームプランや詳細な間取りプランを作成したり、事業収支計画を立案する場合は費用を頂きます。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ