木造3階建て住宅のリビング隣接書斎テレワークサテライト事務スペース勉強机

自宅で仕事をする

木造3階建ての建て主様のご主人様は、会社オフィスで業務をする場合と、ご自宅でもお仕事をされる方でした。

そこではじめはリビングで仕事をすることも検討されましたが、パソコンや資料を毎回片付けたり、ご家族との会話とお仕事が混じってしまい混乱してしまうことを懸念され、狭くとも専用のスペースを設けることになりました。

リビングの隣りに事務スペースを設ける

間取りプランの制約からワーキングスペースは3畳の広さが確保されました。場所はリビングの隣です。小さくとも分離した専用のワーキングスペースを確保できました。

室内にはデスクテーブルを作り付け、書棚を壁面に設けました。

リビングとは区分けして間仕切り壁と扉を設けました。リビングの楽しく賑やかな会話を気にすることなくこちらで集中してお仕事ができるようになったとおっしゃってくださっています。

学生の勉強机スペース兼用

リビングから扉1枚で隔てられているスペースは、毎日ご主人様がこちらで仕事をしていないので、空いている時はお子さんの勉強机にもなり、親子で並んでいる時もある様です。

書籍収納棚を設ける

机を囲む壁には書籍用の収納棚が設けられました。

無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まいや建物〉を実現して下さい。


メールや電話によるご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。ただし 間取りプランの検討や作成など 費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


相談フォーム(下のボタン)から、もしくは電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は初回無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ