和室応接間の床の間書院をサテライトテレワーク自宅勤務用書斎スペースにする

自宅で仕事をする

横浜の外観も内装も和風意匠にされた二世帯住宅の応接間では、床の間と書院が設けられました。

床の間のある応接間は、建て主様の仕事の関係で、来訪された方との打合せ場所としても設けられた部屋です。

建て主様は週の半分をご自宅で業務を行う方です。

和室床の間書院で仕事をする

リビングにも仕事を行う造作を設けましたが、床の間に隣り合う「書院」も本来の使い方である「書き物をする所」として利用出来るようにしようということになりました。

テレワーク在宅勤務和室床の間付け書院

床を掘り込んでデスクワークができるようにした

元来「書院」は「造り付けの机板の上で書物を読んだり書いたりするための書斎の役割」です。

テレワーク在宅勤務和室床の間付け書院

ただし、古来のそのままですと、床の上に直接座り、机板の下も埋まっているので、椅子式に慣れた状態では使い難いと思い、机板の下を開放し、さらに床を掘り込んで脚が入れるようにして、椅子式の机で読み書きが出来る様にしました。

庭を見ながら仕事ができる

床を切り掘った部分に脚を入れて書院に座り、障子を開けると立派な松がある庭が目に入ります。庭を眺めながら仕事が出来るようになりました。

テレワーク在宅勤務和室床の間付け書院

無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まいや建物〉を実現して下さい。


メールや電話によるご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。ただし 間取りプランの検討や作成など 費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


相談フォーム(下のボタン)から、もしくは電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は初回無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ