二世帯住宅に自宅勤務サテライトテレワーク用事務机仕事スペース

自宅を仕事場にするデスクワーク

横浜の二世帯住宅の建て主様はご自宅でお仕事をされています。

今回お住まいを建て替えることでも変わらず続くとお聞きしました。

建て主様のお仕事は、パソコンを使って行うデスクワークです。今までのお住まいでは 床に座って座卓でお仕事をされて来ました。

リビングに造り付けのデスク板を設ける

新しいお住まいでは、椅子に座って作業をされたいご希望をいただきました。

さらに仕事場は単独で区切ることなく、リビングに面した部分に設けて欲しいというご希望もいただきました。

テレワーク在宅勤務造作

そこで、リビングの一部の壁面に、デスクとなる厚板を造り付けることにしました。使い方を絞ることはしないで、壁面一杯の長さのデスクにしました。

テレワーク在宅勤務造作

リビングと食卓を区切る

お仕事の関係者の方が来訪されることも予想し、仕事スペースのあるリビングとキッチン食卓のエリアを区切れるようにしました。天井付きのレールから吊られた引き戸を壁に収めておいて、引き戸を引くと連動して引き出されて、区切れます。

在宅勤務テレワーク造作

在宅勤務テレワーク造作

在宅勤務テレワーク造作

在宅勤務テレワーク造作

無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まいや建物〉を実現して下さい。


メールや電話によるご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。ただし 間取りプランの検討や作成など 費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


相談フォーム(下のボタン)から、もしくは電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は初回無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ