都市計画道路収用による村上歯科医院併用住宅の建替え移転

都市計画道路による収用

東京都日野市の村上歯科医院様の既存歯科医院併用住宅は、建設されて久しい建物ですが、目の前の道路(川崎街道)が都市計画道路事業で拡幅工事が実行されることになり、既存建物の一部が拡幅される道路の一部に掛かっていることが分かり、掛かる部分を削るか、もしくは移転建て替えが求められました。

まず初めに拡幅道路に掛かる建物部分を削ることで、診療や生活が続けられるかを検討したところ、村上医師先生のご判断では診療が維持できないことと判断されました。

そこで、それまで患者さん用の駐車場として利用していた場所に建替え移転すると、今ある既存建物=歯科医院+住宅 の機能が成り立つかを間取りプランを作成して検討しました。

検証の結果、建替え移転しても歯科診療と住まいの暮らしが成り立つと判断されて、建替え移転計画を進めることになりました。

既存の駐車場に建て替え移転

それまで駐車場として利用していた隣の場所に歯科医院+住宅の建物を建てて、そちらに移転することになりました。

この計画は既存の歯科医院で診療しながら建物を建てるので歯科医院をほとんど休診することなく移転ができることが長所です。

さらに既存の委員と住まいがあるために既存の良いところと悪いところを見ながら、新しい医院を改善する参考となれるので良い環境と言えます。

平屋か二階建てか

建物の構成は1階が歯科医院で2階を住家とする予定で間取りプランが検討されました。

はじめに平家か2階建てかが検討されましたが、敷地の広さから2階建てとなることになりました。駐車場を広く確保しようとしたためで、平家では収まりませんでした。

歯科医院と住まいのそれぞれに求められる規模をまとめると、1階の歯科医院の方が住まいよりも広い面積を必要としたので、2階に住まいが載る建物の間取りプランが完成しました。

住まいの玄関は歯科医院のスタッフの入り口と兼用で、玄関を入った後、歯科医院のバックヤードと2階の住まいへの階段に分かれるようになっています。

無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まいや建物〉を実現して下さい。


メールや電話によるご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。ただし 間取りプランの検討や作成など 費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


相談フォーム(下のボタン)から、もしくは電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は初回無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ