駐車場ガレージシャッター付き混構造3階建住宅

自動車2台の駐車場が必要

東京文京区の住宅でお客様からのご要望条件の1つに、乗用車二台分の駐車スペースを確保することがありました。

その他は法令が許すまで可能な限り面積を確保して、住宅の規模を最大限広くすることでした。

敷地が傾斜していて1階は鉄筋コンクリート造に

敷地には高低差があり、高さの制限を加味すると地上1階を地面に突き刺すような形で建てれば、3階建ての建物になることができました。

地面に建物を突き刺したり、埋めたりする場合、その構造は鉄筋コンクリート造にしなければなりません。地上1階はお客様のご希望もあって、乗用車2台分の駐車スペースになるため、鉄筋コンクリート造になる事は合理性がありました。鉄筋コンクリート造は木造と比べて柱と柱の間の長さを長くすることができるからです。

 →関連記事「ガレージ車庫RC造・住宅木造で混構造設計」

2・3階は木造住宅

しかしながら2・3階の部分は木造にして欲しいと言うご希望もありましたので、地上1階が鉄筋コンクリート造、2・3階が木造と言う混構造の建物の形式になりました。

外観のデザインとしては、構造形式に合わせて地上1階部分は石垣の基壇のような表現として、木造の勾配屋根が載る外観になりました。

混構造の構造設計

1つの建物の中で異なる構造形式が重なる場合は、構造的に地震に対する耐力が変わってくるので、慎重な構造設計と構造計算が必要です。

無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まいや建物〉を実現して下さい。


メールや電話によるご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。ただし 間取りプランの検討や作成など 費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


相談フォーム(下のボタン)から、もしくは電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は初回無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ