心療内科医院クリニックの受付背景待合室の内装デザイン壁面天井間接照明

落ち着いた待合室の演出

川崎の心療内科「高津心音メンタルクリニック」様の内装設計で、患者さんが診療を待つ待合室のデザインについて、リラックスして診療を待つことができるように落ち着いた空間となるような演出が求められました。

吸音性能を持たせた床のカーペット

周囲の音や会話が響かないようにするために、床には厚めのカーペットを敷き詰めました。カーペットが音を吸収してくれるために、雑音が耳に残らずに落ち着くことができる様にしました。

重厚感が出る木目壁

外壁一面に広がる窓から太陽光が差し込むため日中は明るい待合室となりますが、診察室がある壁面を濃い色の木目板を貼ることで、見た目において落ち着いた印象になれました。

動線を導く下がり天井

患者さんは出入り口玄関を入ると受付カウンターを通って、中廊下を経て診察室処置室に至ります。この患者さんの動線部分を天井を下ろして低くし、患者さんのスムーズな往来を導くことを表現しました。

温かみのある間接照明

濃い色の木目壁と天井の際、下り天井の隙間に間接照明を仕込みました。光源の見えない照明は目に優しく温かみのある印象につながります。

ゆったりと座れる長い椅子

待合室で患者さんが他の患者さんを気にすることがないようにするために、座ってお待ちいただく椅子についてどのような椅子にするか検討されました。

当初は個別に座る椅子やソファーを選んでいましたが、今回の待合室がとても広いため長いベンチ式の椅子を用意することにしました。

十分に間隔をあけて座れる事と、付き添いで一緒にこられた方と寄り添って座れることができ、荷物も椅子上に置けるためです。

医院クリニックの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈患者さんに確かな診療や治療を行う医院クリニック〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。。ただし 間取りプランの検討や作成など 間取りプランの作成や工事金額の試算などで費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ