精神科心療内科メンタルクリニック内装の患者様用扉引戸

心療内科精神科医院「高津心音メンタルクリニック」様は新たに東急田園都市線高津駅近くに開院されました。

内装工事では可能な限り扉は引き戸にするようにご希望がありました。

引き戸と開き戸

間仕切り壁の開口部を塞いで、人が出入りするための扉は、大きく分類すると、

  • 開き戸
  • 引き戸

があります。

それぞれ、

  • 使い方 開き方
  • 必要なスペース
  • 開閉発生音

に違いがあり、使用される勝手、場所によって選ばれます。

開き戸

開き戸は、取手を持って押して(引いて)扉を回転させて戸を開きます。人は扉の開閉に合わせて前後に動いて通過します。扉が回転する場所のスペースが必要です。開ける時と閉まる時に、開閉音がします。

引き戸

引き戸は、取手を押して戸を水平移動させて開きます。人は戸の開きに合わせて少し動いて通過します。開ける際の身体の動きが短いので、開くのが簡単と思われています。戸が水平に動く場所のスペースが必要です。間取りプラン設計の際にあらかじめ引き戸にすることを前提としていないと、引き戸が設けられない場所になることがあります。開閉には下にレールが無ければ、開閉音はありません。

この引き戸の開閉の容易さと、開閉音がしないことをメリットとして、医師先生は引き戸を設置すること選ばれました。

飛躍的に進歩した吊り引き戸

引き戸は通常、上下にレールがあり、その間を左右するので開閉する際はその引きずり音がありました。

しかし最近の内装の引き戸は、上部のレールから吊られる形になり、かつ下部のレールが省略され、開閉時の引きずり音がなくなり、開閉も非常にスムーズになりました。

さらに閉じる際に戸がゆっくりと閉まるような金物が開発されて、引き戸が閉まる際の指詰めの危険や衝撃音がなくなり、とても沢山の範囲に利用されています。

医院クリニックの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈患者さんに確かな診療や治療を行う医院クリニック〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。。ただし 間取りプランの検討や作成など 間取りプランの作成や工事金額の試算などで費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ