内科医院クリニックのレントゲンX線室放射線遮蔽の床壁天井内装

東中野の内科診療所「上田クリニック」様は、既存の医院から近隣のテナントに移転されました。

移転されると同時に、レントゲン機器はデジタル化された機器を導入され、立ち型とベッド型が導入されました。

機器に沿った広さでX線室の大きさが定まりました。

放射線遮蔽

放射線量の関係から遮蔽する能力は鉛板で1.5ミリ以上の性能が求められました。さらに放射線が向けられる壁には壁面はその面のみ3ミリの鉛板が貼られるよう指示を受けました。

新しく作る間仕切り壁には鉛板を始めとする放射線を通さない材料入ります。扉やのぞき窓にも同等の性能が求められます。窓も鉛入りのガラスがはめられます。

既存の床や壁がコンクリートの場合は同等の遮蔽性能があるとみなしされて鉛板や遮蔽する材料は貼りません。

内装工事

既存建物は鉄筋コンクリートの建物なので、上下の床は鉄筋コンクリートで作られています。

新たに設けられる間仕切り壁は、下部の床から上部の床下まで届く様に組み立てられて鉛板が貼られ、放射線が外部に漏れないように施工します。

出入口の扉は引戸が採用され、戸板と枠に鉛板が仕込まれて、放射線を遮蔽する出入口扉になりました。

検査と届出

レントゲン機器を納入されたメーカー様が放射線漏洩検査を行い、合格し内装工事を終えました。「診療所解説届」と同様に中野区保健所に「診療用エックス線装置備付届」を提出して受理されて診療が始まりました。

医院クリニックの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈患者さんに確かな診療や治療を行う医院クリニック〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。。ただし 間取りプランの検討や作成など 間取りプランの作成や工事金額の試算などで費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ