内科医院クリニックの道路側ガラス面待合室の日避け目隠しを縦型ブラインド

東京都中野区で内科診療所を営み診療をされていた上田医師先生が、場所を移転して再開院することになりました。その際の内装工事の設計をさせていただきました。

道路歩道に面している場所

再開院する場所は自動車が相互通行する2車線の道路に面していて、歩行者の往来もあり歩道が設けられています。クリニックの場所は歩道に対して全面ガラス張りで、道路歩道から内部がよく見える場所です。

内科小児科医院クリニック間取り平面図プラン

全面ガラスと待合室

歩道に面する部分は間取りプランの設計の結果、待合室となり受付のカウンターも面しています。待合室は玄関のガラス扉とはめ殺しの大きなガラスのある全面ガラスの部屋です。

日中日差しが入り込まない時間帯は反射光が入り、とても明るい待合室になることができます。

ただ午後になると西日が差し込み、明るい以上の日射状況になってしまいます。

日よけ

そこで歩道に面するガラス面には日よけを設けることにしました。

日よけは以下の中から選ぶことができました。

  • カーテン
  • ロールスクリーン
  • 横型ブラインド
  • 縦型ブラインド
  • ガラスにフィルム張り

などです。

日差しも避けられてかつ、かつ道路歩道からも中の待合室の様子が垣間見れるようにするや、なるべく掃除の要らない日よけにしたい、と言うご希望いただきまして、それには縦型ブラインドがふさわしいと考えられましたので設置されました。

 →関連記事「藤巻歯科医院の窓のブラインドとロールスクリーン」

 →関連記事「歯科医院の待合室に透明ガラス面に透過ブラインド」

医院クリニックの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈患者さんに確かな診療や治療を行う医院クリニック〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。。ただし 間取りプランの検討や作成など 間取りプランの作成や工事金額の試算などで費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ