遠距離の医院クリニック設計ー心療内科精神科ショートケアクリニック

新たに名古屋市街で青年期・成人期の発達障害治療に特化されたメンタルクリニックの開院を検討されておられた大村医師先生から、開院候補地のテナントに心療内科医院の間取りプランが可能かどうかのご相談をいただいたことが始まりでした。

医師先生は間取りプランのほかに、計画地が名古屋で北島が横浜にいることから、遠距離設計になることを懸念しておられました。

名古屋ー横浜 間をメールで交信

ご相談をいただいた時、偶然にも関西で内科医院を設計させていただいていた時でした。その方法と進め方を説明して、ご理解をいただき、メールで検討した図面を始めとする資料をお送りする方法でご相談を進めることになりました。

メールのやり取りでは、口頭で話し説明するように詳しく文章を書くことで、図面の内容についてご理解をいただきました。

医師先生からはご自身のお考えをメモやスケッチにして送ってくださったので、当方も医師先生のご希望を的確に捉えることができたと考えています。とても有り難かったです。

間取りプランの検討

48坪の広さの場所に、2つの診察室とショートケアの広いスペースを確保する間取りプランの検討が進められました。

2つの部門

クリニックとしての出入口は1つで、内部に入ってから、診療室部門とショートケア部門に分かれる構成です。さらに診療室部門とショートケア部門はスタッフの皆様の動線を考慮して、バックヤードでは接している必要がありました。

心療内科医院間取りプラン平面図

部屋の構成

診察室の部門は、はじめに受付カウンターと待合室があり、通路を通じて診察室A・診察室B・処置室・スタッフルームで構成されています。

ショートケアの部門は、受付カウンターから通路を通じて広い部屋のショートケアルームがあり、周囲にキッチン・更衣コーナーが接していて、一番奥にスタッフルームにつながっています。

通路には、男女別のトイレと手洗いカウンターが面しています。

水廻り設備=排水管の接続

水廻り設備機器に必要な配管で、給水は元の方から圧力がかかっているので、どんな場所でも配管接続が容易ですが、利用された水の排水は引力による自然流水で階の下方に落ちる排水管に連結する必要があって、この排水管の接続を確保しなければならないので、水廻り設備の配置には制限があります。

手洗いカウンター、トイレ、キッチン、洗濯機は通路に面して配置されていますが、排水管接続の制約があって配置されています。

心療内科医院設備排水管間取りプラン平面図

現地確認

間取りプランが定まって、検討されたプランが成立するかどうかの確認には、現地のテナントの状況(天井高さ、床の下地、設備配管の位置、電気配電盤の位置)の確認が必要でしたので、お願いして現地に伺って、スケルトン状況を確認させていただきました。

既存建物の図面だけでは確認できないこと(以前の借主による内容変更)もあり、現地確認が行われました。

賃貸契約

現地確認により検討したプランが成立することが確かめられました。

そして医師先生のご予算の組み立てと、賃貸条件の交渉が終わって、開院計画が進められることになって、賃貸契約が結ばれました。

工事着工

工事が開始された開始されてからは、工務店さんから提示される施工図や材料サンプルの確認と現地打合せがありました。

メールによる施工図確認

設計図をもとにして工務店さんが書かれた施工図や製作図はEメールで送っていただいて内容を確認しました。

定例打ち合わせ

週に1度開かれる定例打ち合わせについては、必要とされる際に現地に参り、対面による打ち合わせと工事の進捗内容を確認させていただきました。

工事着工から約3ヶ月で内装工事は完成しました。名古屋と横浜という遠距離ながらも設計と工事監理を担当させていただき、無事にお引き渡しをさせていただきました。

医院クリニックの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈患者さんに確かな診療や治療を行う医院クリニック〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。。ただし 間取りプランの検討や作成など 間取りプランの作成や工事金額の試算などで費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ