医院クリニック内装工事の開口窓西日避け対策縦型ブラインド

名古屋の心療内科「平安通クリニック」様は大通りに面したテナントビルの4階に内装工事を行なって開院されました。

待合室が大きな開口窓に面している

4階のエレベーターホールを降りて入り口を入ると受付カウンターがある待合室に着きます。

心療内科医院受付カウンター待合室

待合室は大通りに面した大きなガラス窓があります。この窓のおかげで待合室は日中 とても明るい環境にあります。

大きな開口窓は西に向いている

ただ、大きなガラス窓は西側に向いていて、夕方になると西日が差し込みます。

その日差しは強く医師先生からは、遮光することが求められました。

カーテンかロールスクリーンかブラインドか

西日の遮光には、ガラス窓の手前に遮光の仕組みを設置する必要がありますが、

  • カーテン
  • ロールスクリーン
  • 横型ブラインド
  • 縦型ブラインド

が、設置可能でした。

医院クリニック待合室縦型ブラインド

それぞれメリット デメリットがあります。こちらの待合室の状況では、以下のような比較検討がありましたした。窓の状況によっては、評価の内容が変わるので、その都度検討が必要です。

  • カーテン    :吸音性能も期待出来るが、日差しの調節が困難
  • ロールスクリーン:遮光の度合いを調節出来ない
  • 横型ブラインド :ブラインドの羽根にホコリがたまる
  • 縦型ブラインド :遮光をしながらも、外部へ視線が届く。ブラインドの羽根にホコリやたまらない。

検討の結果、縦型ブラインドが選ばれて設置されました。

医院クリニックの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈患者さんに確かな診療や治療を行う医院クリニック〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。。ただし 間取りプランの検討や作成など 間取りプランの作成や工事金額の試算などで費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ