部屋数の多い医院クリニックの空調エアコンの設置設計計画

名古屋「平安通クリニック(精神科心療内科)」様の内装計画では、診察室や処置室を始めとする区画された部屋がとても多い間取りプランです。

個別空調エアコン

各部屋は使い方が分かれているので、しっかりと壁で囲われて、扉を閉めて利用されます。

各部屋は、

  • 防音遮音性能の確保
  • 感染症拡大防止による各室換気

のために、開放できる窓などが無い部屋もあるために、各室で温度調節が出来る様に、個別空調エアコンの設置が必要になりました。

建物の規模が大きければ大型の空調機械を置いてダクトをつなげて巡らせて各室に空気を送って空気調和させますが、内装工事の規模のために、各室にエアコンを設置する方法が選ばれました。

室外機(熱交換器)

賃貸ビルでエアコンを設置する時、室外機(熱交換器)を

  • どんな形式にするか
  • どこに配置するか

が課題になります。

形式とは、室内機1つに対して1つの室外機があるタイプと、複数の室内機に対して1つの室外機があるタイプ=マルチタイプ、が、あります。

1対1のタイプは、室外機の数が部屋数に応じて多くなり設置する場所を広く確保する必要があります。

マルチタイプは、室外機が少なくなるので機器を置く場所の省スペース化が出来ます。しかし、室外機が故障して取り替えが必要になると、交換に必要な期間は当該部屋はエアコンが使用できません。

  • 室外機置き場の確保
  • 故障時でもエアコン利用を残すため

という状況を解決するために、

折衷案の複数のマルチタイプを置くことになりました。

心療内科医院受付カウンター待合室

排水管

各室のエアコンを設置するときに課題となる点は、空調された空気を吹き出すと同時に室内の空気の湿気取り込むことになります。湿気は水滴となり自然に流れ落ちます。その水滴を処理する排水管ルートを確保しなければなりません。

器具によってはその水を持ち上げる機能=ドレインアップ器具機能が付いている機器を選んだり(高額になる)、もしくは器具を上部に(天井に)設置して、排水ルートを確保します。

内装工事ではこの排水管ルートを確保することが困難な場合があり、どこでもエアコン器具が付けられると考えるのは避けた方が良いと思われます。

医院クリニックの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈患者さんに確かな診療や治療を行う医院クリニック〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。。ただし 間取りプランの検討や作成など 間取りプランの作成や工事金額の試算などで費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ