ご挨拶

はじめまして、(株)北島建築設計事務所 所長の北島俊嗣(きたじま としつぐ)です。ホームページにご来訪いただき、誠にありがとうございます。

費用を抑えて安心と満足を手に入れたい

ご来訪いただいたお客様は、お住まいや建物でお悩みや困りごとがあって、こちらにお越しになってくださったと思います。

家や建物を建てたり治したりするとき、お客様は はじめにどなたに相談しようと思い付いたでしょうか?

お知り合いの工務店様ですか? 街道沿いに展示場のあるハウスメーカー様ですか? 設計事務所を思い付いて下さった方は少ないかもしれません。

家や建物を建てたり治したりするときには、相当な費用が掛かります。その出費は出来るだけ少なくして、最大の効果を上げて安心や満足を得たいと思うお気持ちはどなたでも持っていると思います。

しかしながら、家や建物に掛かる費用が高額であるがために、そこから多額の利潤(お客様の損)を確保しようとする仕組みが、現在の我が国では横行している現実があります。それは、はじめに思い浮かんだハウスメーカー様や工務店様の、設計と工事をまとめて行う設計施工《一括》方式の中にあります。彼等は企業なのでお客様の安心満足よりも、企業としての利潤を第一優先にしてしまいます。

設計事務所(建築家)の役割

これに対して、私達 設計事務所が行っている方式は、設計と工事中の品質監理を設計事務所(建築家)が行い、工事を工務店様が行う、設計施工《分離》方式です。

私達 設計事務所は、設計と工事を分けて行う設計施工《分離》方式をお勧めしています。

お客様の家や建物に掛ける費用を最小限にして、最大の効果を上げて安心や満足を得ていただくためのサポート役は、国から免許(一級建築士)を預かって、自らの利潤を追わずにお客様側の立場に立って財産を守る設計事務所(建築家)しかいないからです。

これは医師が病んだ人の命と健康を、自らの利潤を差し置いて常に追い求める姿勢と一緒であるとお考えいただくとわかり易いかもしれません。

ちなみに国民の税金で建てられる公共建築は、必ず設計と工事が分離されています。これは欧米各国の常識です。

しかしながら私達 設計事務所は、皆様に上記の内容をお伝えすることを怠ってきました。その結果、工事者の利益を優先して安全をも度外視してしまった「耐震偽装」や「マンション杭施工不良データ改ざん」という問題が起こり、世間の皆様に不安と疑念を与えてしまいました。またはじめに設計事務所を家や建物の相談先と連想していただけない現実も、建築家職能の説明不足と理解の不十分が原因のひとつであると思っています。

お客様の安心と満足のために

そこでこちらのホームページでは、今までに私達が務めさせていただいた設計実績の解説記事をご覧になっていただくことで、お客様の住まいや建物における不安や悩みが解決出来ればと思い掲載しています。お客様のお役に立てればこれほど嬉しいことはありません。

さらに願わくは、解説記事内容を通じて設計事務所の役割を紹介させていただき、お客様に設計事務所の必要性をご理解いただければ幸いと思っております。

北島俊嗣北島建築設計事務所

160407-sign-400space-white

設計事務所がお伝えしたい説明記事

北島建築設計事務所の設計実績解説記事 目次一覧