大晦日に大祓-鎌倉鶴岡八幡宮(横浜の建築家の年末)

平成27年大晦日、鎌倉の鶴岡八幡宮に大祓いの神事に行って参りました。

大祓(おおはらい)とは、その年に受けたケガレを神様に祓い清めて頂くものです。個人的には、自分が受けたケガレを祓うと云うより、自ら不平や不満や愚痴を言ったり、心の中で思った積み重ねを、神様の前で反省すると云った方が良いかも知れません。

151231-diary-kamakura-1

大祓は年に2回、晦日(6月30日)と大晦日(12月31日)にあります。今年は6月に参れませんでしたので、今年一杯の反省をして来ました。(し切れたでしょうか?)

宮司様からいただく半紙と藁を混ぜたものを「祓え給え清め給え」と唱え祈りつつ体に振り掛けます。体の形をした半紙に体のケガレを移し、神様にお預けします。

151231-diary-kamakura-2

今年1年、様々なことがありました。全てに感謝し、自分に反省しかありません。今年いただいたことを経験として積み重ねて、来年に生かしたいと思います。皆様、ありがとうございました。皆様のご多幸を祈り、本年を締めさせていただこうと思います。

space-white

建築家の日記