賃貸マンション建物の屋根外壁外装タイル目地シール年間定期検診

マンション大規模改修をする前に定期検診

お客様が所有するマンションの屋根・外壁などの共用利用部分の定期検診を、お客様と共に行いました。完成してから14年が経つ建物で、前年の同じ時期にも大規模改修を前提にした、「いつ、何を、取り替えや修理をしなくてはならないか?」を判断するための検診です。

マンション外装大規模改修の判断

屋根の防水、外壁のタイル貼りや塗装、目地シールなどを、突ついて硬化度を見たり、舐めるように観察したり、端から見れば不審者にも間違えられるような光景だったでしょう。

防水や外装は、コンクリートで造られている構造骨組みを風雨から守っている、人間で言えば服みたいなものです。時間が過ぎれば、痛みもするし、剥がれもします。建物の場合は、雨漏りがしたり骨組みが痛み始めたことが分かってから取り替えるのでは遅く、そのようになる前に取り替えておかなければいけないものなのです。

そこで建物の所有者である大家さんは、ギリギリまで取り替える時期を延ばしたいのですが、大事な骨組みが痛んだり、お住まいの方々に迷惑を掛けてはいけないので、度々検診を行ってその時期を判断しています。

Exif_JPEG_PICTURE

定期検診の意味

今回の検診では、昨年には見られなかった変化が今回はありました。

たった1年ですが、されど1年、変化がありました。タイルの目地に入っているコーキングシールが、明らかに硬くなっているところがあったり、シールがタイルと離れているところもありました。塗装の部分でも、ヒビが入っているところもありました。

幸いどちらも裏側のコンクリートが雨水を含んで出る白いアク(白華とかエフロエッセンスともいいます)が染み出ては居ないので、緊急性はないとしても、早急にやりかえ改修の検討が必要な部分がありました。

建物完成から14年と時間もかなり経っていて、お客様も改修を行う必要性の理解は充分にあるのですが、「やはりその時が来たか」という面持ちでした。建物の寿命を永くするためには必要な処置ですが、大規模改修を行うための予算費用は決して安くはありません。出来るなら延ばしたいと思うのが本音でしょう。難しい判断が求められます。

客観的な判断

同じ状況を見ても、お金儲けの心で見るか、建物の本質を前提にして大事な予算を有効に使うことを目的に診るか、皆さんだったらどちらの診断を望まれますか?

何故改修しなければならないのか?お金を掛けない改修方法はないのか?緊急性を要する状況はどんな感じか? を、お話ししながら、建物を診て周りました。

space-white

マンションアパート大規模修繕の無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の改修や修繕が必要な建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


これまでの業務で蓄積させていただいた、マンションアパートの改修工事や大規模修繕に関わる知識や経験 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して建物の正しい活用を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ