既存建物の屋上広告塔の取り扱いと撤去

京成船橋駅の横に建つ商業ビルの用途変更の申請は、元々の建物が完成した時の状況から「何が変わるか」を届け出ることなので、申請しないで増築改築してしまった部分は「取り除く」か、「合法のモノを申請後に造った」ことにしなければなりません。

申請をする前に既存建物を訪れた際、確認すると、前の所有者様が屋上にいくつか付け足した部分が見受けられました。

  • 屋外広告塔
  • 物置小屋
  • 休憩用コンテナ

が、置かれていました。

建物所有者様に説明して、解体除去する必要を説明して、了解をいただきました。今ある財産を除去することは容易に受け入れられるものではありませんが、合法的な建物保全のためには必要なご判断でした。

工事は初めに解体除去工事が行われて、後に変更対応工事が行われました。

◆「船橋商業ビル」用途変更

関連解説記事リンク—用途変更など申請手続き—


申請届出手続きの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、確実な法的届出の知識や経験 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して建物の正しい活用を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ