店舗内の上下階段を撤去して吹抜けに床を設置する増築申請

建物オーナー様が変わる用途変更

京成船橋駅の隣りに建つ商業ビルのオーナー様が変わり、建物の用途を物販店舗から飲食店舗に用途変更することになりました。

元々は地上3階建ての建物で、1階と2階が店舗内の階段で繋がっている一体の店舗でした。新たな方針として、各階それぞれが異なる店舗で営業出来るようにするために、上下を行き来する階段を無くすことになりました。

店舗内階段を撤去して床を張る

店舗内を上下に行き来する鉄骨の階段を撤去し、そこに床を張って上下別々の店舗で利用できるようにします。

本体の構造は鉄筋コンクリート造なので、階段が無くなった穴は、鉄筋コンクリートの床を張りたいのですが、建物の自重が元々より重たくなると、その重たさが耐えられるか構造計算をしなくてはなりません。これは非常に煩雑な作業になるので、元々あった鉄骨階段の重量より軽くなる床を新たに張ることにすれば全体が重たくなることはないので、鉄筋コンクリートの床ではなく、ALCの板を置いて床にする方法を採用しました。

床を張ることによる変更内容

床が無かった所に床を造るので、面積が増えます。面積が増えることは増築になります。関わる申請が必要です。

また階段が無くなったことで、2階のフロアから地上に至る災害時の避難ルートが変わったので、

  • 非常用照明(停電になると光る照明)
  • 避難口誘導灯(出入口に付く緑の灯)
  • 煙感知器(煙を感知して火災を報せる機器)
  • 避難器具(2階から地面に降りるための器具)

などの場所が移動になったり、追加設置が必要になりました。

◆「船橋商業ビル」用途変更

関連解説記事リンク—用途変更など申請手続き—


申請届出手続きの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、確実な法的届出の知識や経験 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して建物の正しい活用を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ