掃除がしやすい洗面台とボウルが一体になっている汚れにくい手洗台カウンター

水廻り設備の器具を清潔に保つためには掃除と洗浄をしてくださるのが一番の対策ですが、掃除と洗浄がし易い器具を選んだり組み合わせることも重要です。

水栓の位置

水を使う場所が汚れる原因は、水栓から出た水が排水口に流れ落ちずに、手洗い台や壁面に飛び散ってそのまま残り乾燥すると汚れになるということが多く見受けられます。

まず水が出る水栓を手洗い台の面に取り付けるのではなく、ボウルの中に取り付けられる器具を選ぶことが先決です。

そのためにボウルは多少大きくなりますが、水栓からしたたる水や、手に当たって跳ねた水がボウルに落ちる確率が高くなるので、水は陶器面を伝って排水口に向かうので汚れは付き難くなります。

手洗い台の掃除

水が出るボウルの素材=陶器と、ボウルを支える手洗い台の素材が異なるので、その接点に水が染みてカビや汚れになって、汚れが落とし難くなります。

また手洗い台と壁との際も水が飛んで染みとなることが多いので、手洗い台が壁に向かって立ち上がるようにしたり、壁に汚れない板や汚れが落とし安い板を貼るなどして、水が染みてカビや汚れが出ないようにすることも工夫のひとつです。

手洗台洗面台カウンター

洗面台とボウルが一体

名古屋の心療内科「平安通クリニック」様の内装工事で、手洗い台を汚れない、汚れが落としやすいものにして欲しいというご要望をいただきました。

  • 水栓がボウルの素材の中にある
  • ボウルと台の際がない
  • 台と壁の際に台の立ち上がりがある

という条件を満たしている ボウルと台が人工大理石で一体に作られた製品を選び、採用されました。

水が溜まらず、水滴で落ちても拭き取るだけなので、汚れにくく、掃除も容易です。

医院クリニックの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈患者さんに確かな診療や治療を行う医院クリニック〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。。ただし 間取りプランの検討や作成など 間取りプランの作成や工事金額の試算などで費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ