家注文住宅の品質保証・工事中倒産保険

家を建てるときには、各場面で様々な保証や保険が用意されています。

下記の保証や保険によって、お客様の貴重な財産は保全されています。各保証や保険の説明の前に、設計事務所が工事を請け負う工務店と関連がなく自立していて、設計図に基づいた工事内容であるかを監理することで、お客様の立場で建物の品質監理が維持されていることを申し添えます。

保証や保険は万が一のときのためであることを理解して頂くとともに、利用されないことを願い業務を進めています。

設計時の保険

  • 設計の間違い・・・設計事務所として建築士賠償責任補償に加入しています。設計の間違いが原因で事故が起きてしまった場合に適用されます。当事務所は当然加入していますが、今まで利用していません。
  • 法的な間違い・・・建築基準法をや消防法の届け出では、間違いが修正されるまで法的許認可は下りませんので、間違いは起きません。
  • 設計事務所の破産・・・各業務完了時後の業務報酬支払い方式としているので、万が一破産してもお客様が前払いで困ることはありません。
  • 建築家本人の不慮の事故・・・主宰者以外の所員および協力建築家によるバックアップ体制を確保していすので、業務は遅延なく継続完了できます。

工事中の保証

  • 建物が傾く・・・地盤調査を行って地盤改良等の方法が定められますが、万が一不慮の要因によって建物が傾いてしまった場合の保証として、地盤保証が付けられています。
  • 工事中の火災や事故・・・工務店が火災保険に加入します。
  • 屋根防水不良による水漏れ・・・メーカー10年保証があります。
  • 工務店の破産・・・住宅瑕疵担保履行法により、瑕疵担保責任を確実に履行するための資力確保措置(保険加入または供託)の事業者への義務付け等が定められています。万が一、工務店が破産した場合等でも、2000万円までの補修費用の支払いが保険法人から受けられます。お客様は安心して新築住宅を取得できるようになります。
  • シロアリ保証・・・メーカー10年保証があります。

完成後の保証

作られた家に瑕疵(かし=欠陥)があった場合に、これを補修したり、瑕疵によって生じた損害を賠償したりする責任が工務店にあります。

新築住宅を供給する工務店は、住宅のなかでも特に重要な部分である、構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分の瑕疵に対する10年間の瑕疵担保責任を負っています。

space-white

合わせて読みたい関連解説記事

家づくりのしくみ・建築家の役割

家の費用・安く建てる工夫・設計料・保証

費用

設計料

保証

安く建てる

土地探しから家づくり・旗竿地・変形地・傾斜地

注文住宅

注文住宅の性能

注文住宅のデザイン

設計実績

◆「立川のロフト付き賃貸アパート併用住宅 木造耐火建築物

◆「府中彫刻家のアトリエ併用住宅

◆「東京谷中の狭小地木造3階建住宅

◆「東京千駄木のガレージ付和風3階建て住宅

◆「横浜妙蓮寺の兄弟の二世帯住宅

◆「横浜西谷の二世帯住宅

◆「福島県いわき市四倉あなだ歯科併用住宅

◆「箱根別荘バリアフリー耐震断熱リフォーム

◆「世田谷木造3階建住宅リフォーム

◆横浜の和風外観二世帯住宅

建替えの理由・方法

外観を和風にする

和室のデザイン

モダンなリビング

水廻りの工夫


無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まいや建物〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


相談フォーム(下のボタン)から、もしくは電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ