家注文住宅戸建て建物の屋根屋上に太陽光発電パネル

太陽光発電の検討

太陽光発電の導入には、2つの視点で内容を検討し、問題がなければ導入をお勧めしています。

(1)発電した電気の使い途
(2)費用対効果

発電した電気の使い途

当然のことですが、太陽が上がっている日中しか発電はしません。そのため日中、発電した電気をすぐに使える状況 (家に日中居る、仕事場に発電パネルがある)であれば、発電は有効です。しかし、日中は常に外出出勤し、陽が落ちてから帰宅して電気の利用が始まるとなると、発電した電気を蓄電しておかなければ帰宅後の夜間、電気を利用出来ません。

蓄電池の性能は、もう少し向上するまで待った方が良いと思われる状況です。

停電時の発電を考えて導入をお考えならば、停電時は他の方法による発電機 (小型発電機や東京ガスのエネファーム等)を検討されることも良いかもしれません。

 ▷関連記事 → 「効率の良い太陽光発電屋根−横浜の兄弟の2連住宅」

費用対効果

これは発電量による光熱費の換算と初期投資工事費の算定で、比較検討はすぐ出来ます。

以上(1)(2)の視点で検討した場合、双方とも良好な結果であれば導入をお勧めしています。なお、我々設計事務所が太陽光発電に対して出来る努力は、南面に向けた出来る限り広い勾配屋根面を設けることです。

space-white

合わせて読みたい関連解説記事

断熱・音響・防音・除湿・太陽光発電・アレルギー対策

断熱

防音

耐火

収蔵庫・展示室

照明

除湿・排水・防水

太陽光発電

アレルギー

再利用


住まいの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まい〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ