マンションリフォームで風呂ユニットバスの壁面を防音遮音仕様にする

鉄筋コンクリートRC造のマンション住戸リフォームで、個室寝室に隣接するユニットバスのシャワーや動作の反響音が気になられて、その音を寝室に聞こえないようにしたいご相談をいただきました。

ユニットバスの音

ユニットバス自体は箱状になっていて、この箱を鉄筋コンクリートの床の上に束(つか)を立てて載せます。シャワーや動作の音は、

(1)ユニットの箱に伝わって、束を通じて床に伝わり、となりの部屋に伝わる振動
(2)ユニットの壁に伝わって、壁が振動することでとなりの部屋に伝わる音

が、考えられます。

この音と振動を隣りに伝えない内装にすることになりました。

(1)床からの振動を消す

ユニットバスが載せられている床下の束と鉄筋コンクリートの床の間に防振ゴムを挿入して、ユニットバスからの振動を床に通じないようにします。

個室の床の下地にも同様の防振処置が出来ればさらに向上します。しかし今回は床をやり変えませんでしたので、床の上に載せるベッドの脚に防振ゴムを挿入していただきました。

(2)壁からの音を伝えない

ユニットバスの壁から出た音を寝室に伝えないためには、隣の部屋の間に立てる壁を遮音壁にします。

壁を立てるには、はじめに壁板を貼る柱状の細い棒を30~45センチの間隔で立てます。(壁下地と呼びます)一般的な内装壁は、この壁下地を両面から板で挟むように板を貼り付けます。しかしこの壁では、片面に伝わった音(振動)は下地に伝わり、反対面の板材に伝わって、隣りの部屋に音(振動)を伝えてしまいます。

木造防音遮音壁断面図

そこで下地を二重に立てて、それを互い違いに(千鳥配置と呼びます)立てて、互い違いに立てられた両面に板材を貼ると、片面に伝わった音(振動)は反対面の板材に伝わりません。出来れば板も多重に貼って重くします。さらに互い違いの下地の中に綿状の吸音材(グラスウール)を詰めるとさらに遮音性能が向上します。

木造や内装の壁でも工夫をすれば、重量のあるコンクリートの壁でなくても防音遮音性能を確保することが出来ます。

住まいの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の30年を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まい〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。。ただし 間取りプランの検討や作成など 費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-721-6566
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ