家宝骨董品美術品の保存収蔵庫と展示室や高級ワインセラー

日本の美術骨董品

日本で生まれた美術骨董品は、素材の性質上、時を重ねる毎に脆弱になっていくものがあります。紙や染色織物、木や金属の素材で作られているものです。

保存収蔵庫の役目

美術品骨董品が劣化して脆弱になる原因は、温湿度の急激な変化や振動、紫外線や害虫、汚染空気や火災、地震、水害等といったものです。これらの害から宝物を遮断しなければなりません。美術館や博物館の収蔵庫が同じ機能の部屋です。宝物の種類や創られた年代、収蔵室に対するお客様が求めるグレードとご予算にもよりますが、一定の温湿度が保ててカビ等の菌が繁殖しないような一定の空調を備え、天災や人災から宝物を守る構造で囲います。

展示室の役目

一方、貴重な美術品として皆様に披露する展示室も同様の環境が求められます。美術品として一段と輝くような展示背景や台、照明などを設えます。展示室も美術品が劣化しない空調環境や紫外線のない環境が必要です。博物館と美術館の設計経験を活かして行います。

免震の部屋

強烈な地震の揺れに対して倒れてしまったり、脆弱である性質をもつ物品を守るために、その物品が載る台や棚、物品がある部屋を免震装置に載せて、強烈な地震から守ることがあります。

  • 立体彫刻(重心の高い立体物)
  • 年代物のワイン(割れ易いガラスや陶器)
  • コンピューターサーバー(連続使用が求められるもの)

ワインセラー

常に同じ温度と湿度を保ち、紫外線からの影響をなくしたい部屋としては、年代物のワインを貯蔵しておくワインセラーも同様と言えます。またワインをガラス越しに見せるということでは展示の技術も必要です、さらにそれを免震の棚に載せることも可能です。
space-white

space-white

合わせて読みたい関連解説記事

断熱・音響・防音・除湿・太陽光発電・アレルギー対策

免震

断熱

防音

耐火

収蔵庫・展示室

照明

除湿・排水・防水

太陽光発電

アレルギー

再利用


住まいの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まい〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ