玄関とリビング壁面にニッチ棚飾り棚を設ける

家族構成が変わったマンションの半スケルトンリフォームで、ご家族皆様は様々な調度品や趣味の美術品をお持ちで、品物を見て楽しむ場所がなくて悩んでおられました。

私からはマンションのお部屋の余裕がある場所に、調度品や趣味の美術品を飾って楽しみ見て楽しむ場所を設けることを提案しました。

様々検討した結果、その品物を飾る場所を、

  • 小さなものを玄関
  • 大きなものを飾る場所をリビング

に面する壁に設けることになりました。

玄関にニッチな飾り棚

玄関の扉を入った直近の壁面に、小さな棚を設けることになりました。間仕切り壁の中身をくりぬいて、本当に小さな奥行きの棚ですが、季節を感じることのできる一輪挿しや小さな小物を置ける棚が出来ました。あるときはご家族の写真でも良いことでしょう。

ニッチ壁面飾り棚

トイレの壁にも飾り棚

トイレニッチ壁面飾り鑑賞棚

リビングにアクリル板をはめ込んだ飾り棚

リビングの壁面に設けることになった飾り棚は、ご家族が様々な場面でいただいた記念品や趣味や旅行で求めた美術品をたくさんお持ちであるので、それらを飾る場所として設えました。

それまで飾る場所がなかったり、美術品自体が大きかったりして、展示する機会がなく収納に収められていました。

ニッチ飾り鑑賞棚

棚を設けることは、マンションの部屋の中で空間としての余剰空間を有効利用するためでもありました。

板を棚板として敷き、手前には透明のアクリル板をはめ込んで調度品や装飾品が動いたり落ちたりしないようにしました。アクリル板は取り外しが可能で、容易に展示品を取り替えることができます。上部にはダウンライトを取り付けて、展示品がきれいに見えるようにしてあります。

ご家族の歴史や思い出を、調度品を見ながらお話しすることができるのではないでしょうか。

住まいの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まい〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。。ただし 間取りプランの検討や作成など 費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-721-6566
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ