アレルギー発生材料のない家注文住宅

アレルギーの原因

まず、建築資材に含まれるアレルギー反応を考える前に、失礼ながらお客様のアレルギー反応について、つぶさにお調べ頂きたいと思います。

その結果をもとにして、使用をしてはいけない建築材料を科学的見地で改めて調べ、使用して構わないと確認があった材料から使用する材料を選びます。設計段階ではここまで。

アレルギーへの理解

そして、工事に入る前に、依頼する工務店様にアレルギー性反応について理解のある工務店様と担当者を探します。

本当にアレルギーに対して正しい理解を持った方でないと、アレルギーで困っているお客様の気持ちがわからないからです。

アレルギー材料の除去

さらに工事中に納入する材料については、改めて材料の素性と出荷証明の確認をして、お客様の心配を取り除いてアレルギー性反応材の無い家にします。

space-white

合わせて読みたい関連解説記事

断熱・音響・防音・除湿・太陽光発電・アレルギー対策

断熱

防音

耐火

収蔵庫・展示室

照明

除湿・排水・防水

太陽光発電

アレルギー

再利用


住まいの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まい〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ