家・注文住宅を建てる価格費用金額坪単価相場

「坪単価」の罠

巷では家を建てるのに必要な費用を、家の規模(坪)と坪当たり単価を掛け合わせれば総額費用が割り出せるように、坪当たり工事金額=「坪単価」を提示しています。残念ながら巷で公表されている家の坪当たり単価を建物の規模(坪)に掛け合わせた金額だけでは総額費用は算出されないのが現実です。

謳い文句にしている「坪単価」が果たして総額なのか、建物本体だけの金額なのかを見極める必要があると思います。

総じて工務店やメーカーが言う「坪単価」は建物本体(例えば木造の木の箱)だけの坪単価で、電気や水道といった設備などの下記に説明する他の費用が含まれていないことが多い様です。決して「坪単価」の魅力だけでなく「総額費用」を確かめて、失敗をしない家づくりの指標にしてください。

「坪単価」は建物本体だけ

家や建物は、敷地の広さや建物の階数や規模、設備の内容が物件によってすべて内容が違うので、一括に坪単価でその総額費用を割り出すことは非常に困難です。

 ▷関連解説記事 →「家を安く建てたときの話し」

条件によって様々金額が異なりますが下記に「総額」費用を試算します。飽くまでも目安として参考に留めてください。正確には詳細な設計と各専門担当者の見積りが必要です。

見積り(みつもり)とは、専門担当者に依頼したい内容を伝えて(提示して)、その代金が幾ら掛かるか、実際の作業前に提示して貰うことです。

二世帯住宅リビングダイニングキッチン

総費用の試算

試算する建替える建物は、

既存の建物も、新たに建てる建物も、木造2階建て、延床面積30坪(100m2)とします。

敷地面積30坪(100m2)平坦地、外構 (庭) 工事面積15坪(50m2)(作庭別途)とします。

  • 敷地測量費・・・・・・・・30(万円)(以下単位万円)
  • 地盤調査費・・・・・・・・5
  • 建築設計料・・・・・・・・180
  • 構造設計量・・・・・・・・20
  • 建築確認申請手数料・・・・15
  • 引越し代・・・・・・・・・15
  • 工事期間中家賃・・・・・・80
  • 既存建物解体費・・・・・・250
  • 既存建物減失登記・・・・・10
  • 地盤改良費・・・・・・・・100
  • 建物本体・・・・・・・・・1500(30坪×50万円/坪)
  • 衛生設備・・・・・・・・・400
  • 電気設備・・・・・・・・・200
  • 照明設備・・・・・・・・・200
  • 外構工事費・・・・・・・・200
  • 建築工事監理料・・・・・・80
  • 地鎮祭等催事費・・・・・・5
  • 建築工事完了検査費・・・・5
  • 建物登記費・・・・・・・・20
  • 家具/エアコン/備品・・・・家具50 / エアコン50 / カーテン20
  • 電気/水道/ガス/通信・・・  水道50
  • 引越し代・・・・・・・・・15
  • 合計・・・・・・・・・・・3500(万円・税抜き)
  • 火災(地震)保険加入・・・・ 別途
  • 不動産取得税・・・・・・・別途

概略試算をした金額です。飽くまでも参考としてください。

上記のなかの「建物本体」を試算したうちで、(30坪×50万円/坪)と表記したうちの「50万円/坪」が、いわゆる「坪単価」です。坪単価だけでは家を建てる総額費用の目処は立てられないことを判っていただけるでしょうか?

建物新築建替え、改修リフォームの工事金額や必要経費は、敷地の形や状況、建物の種類や規模、構造や仕上材料、そして設備の内容によって大きく異なります。おおよそでもそれら内容を教えて下されば、概算試算を簡略に直ぐ試算が出来ます。逆にその内容を確かめないで算定した金額は、何かを見落としていたり、多重に計上していたりと、勘違いや間違いが多い場合が良くあります。

設計事務所が言う「坪単価」は総費用を坪あたりで表していることが多いので、高額になる印象になる傾向にあります。

今想定されている計画が、まずは予算が足りるのか?、どれだけ予算が必要なのか?を、おおよそでも試算してつかんでおくことは非常に大切なことです。

 ▷関連解説記事 →「家・注文住宅の工事金額価格費用坪単価相場」
 ▷関連解説記事 →「和風二世帯住宅の工事金額費用坪単価相場」

 

北島建築設計事務所では、敷地の広さや建てたい家の規模をお知らせ下されば、総額の費用を試算させていただいております。金額の目安を知るためにも良い機会ですので、どうぞお気軽にお問合せ下さい。

space-white

下記の一覧は建物の費用コストについての実績説明記事のリンクです。合わせてご覧下さい。

関連解説記事リンク—コスト—

北島建築設計事務所のホームページにご来訪いただきまして、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様のお悩み解決にお役に立てたでしょうか。

設計業務で蓄積した、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して実現して下さい。

ご相談は初回無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。

相談フォーム(下のボタン)から、もしくは電話、メール、どちらでも構いません。

電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)

CTA-80-500-orange

合わせて読みたい関連解説記事

家づくりのしくみ・建築家の役割

家の費用・安く建てる工夫・設計料・保証

費用

設計料

保証

安く建てる

土地探しから家づくり・旗竿地・変形地・傾斜地

注文住宅

注文住宅の性能

注文住宅のデザイン

設計実績

◆「立川のロフト付き賃貸アパート併用住宅 木造耐火建築物

◆「府中彫刻家のアトリエ併用住宅

◆「東京谷中の狭小地木造3階建住宅

◆「東京千駄木のガレージ付和風3階建て住宅

◆「横浜妙蓮寺の兄弟の二世帯住宅

◆「横浜西谷の二世帯住宅

◆「福島県いわき市四倉あなだ歯科併用住宅

◆「箱根別荘バリアフリー耐震断熱リフォーム

◆「世田谷木造3階建住宅リフォーム

◆横浜の和風外観二世帯住宅

建替えの理由・方法

外観を和風にする

和室のデザイン

モダンなリビング

水廻りの工夫


住まいの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まい〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ