消費税増税率引上げと建設物価上昇

※本記事は平成28年(2016年)1月に掲載させていただきました。令和元年(2019年)10月以降の見解は、下方に記載しました。

消費税率引上げと建設物価

平成31年(2019年)10月に、消費税率が現状8%から10%に引上げになる予定です。(令和元年(2019年)10月に消費税は10%になりました)これから家や建物を建て替えたり、新たに土地を購入して建てようとしている方々は、現状と将来をどのように展望されているでしょうか?

建物の金額は高いので、総額に掛かる2%の差は決して安価なものではありません。2000万円の家を建てるなら2%は40万円になりますから、新たな高級なリビングの家具か、家族全体のエアコンは購入出来そうな金額です。

消費税率が引き上げられるに伴って、これまででも建設物価には変動がありました。前回の平成26年(2014年)4月に、5%が8%に引き上げられた時に、どんな現象が起こったかをまずはお伝えしようと思います。

緩和措置があった

税率引き上げが施行された平成26年(2014年)4月の、半年前である平成25年(2013年)9月末までに結ばれた工事契約の消費税率は、5%のままで据え置きになりました。工事完成が平成26年(2014年)4月を跨いでも、税率は5%のままで良い緩和措置がありました。

緩和措置に合わせた駆け込み需要

平成25年(2013年)9月末までに工事契約を結ぶ駆け込み需要が多少ありました。その時までに工事契約を結ぼうとするために、多数の需要があったため、工務店様の対応が困難になったこともあり、お見積もりを断られたケースもありました。

駆け込み需要と税率上げに伴う便乗値上げ

平成24年(2012年)から、工事金額が急騰しました。税率の引き上げ率を大きく上回る急騰で、見積りして頂いた金額を見て、目を疑うような、前年までの相場の1.5倍~2倍の金額のものもありました。おかげで幾つもの計画が中断となりました。または計画建物の規模を小さくしたり、仕様を変えるなどした建物もあったと聞き及んでいます。

この価格急騰は、消費税率引き上げだけが原因ではないと思われています。人手不足と建設需要が合わさったのが原因と思われます。報道もされず、お客様だけが困っている状況で、設計者としてどうにもならないほどの急騰率に成す術がありませんでした。

急騰が激しかったのは鉄筋コンクリート造、鉄骨造でした。木造は安定していました。

税率引上げ後は下がった?

税率が8%になった後に、価格は下がると思われがちでしたが、下がらなかったというのが私の感想です。人件費は高止まりした感があり、それは今も続いています。

価格急騰に巻込まれないためには

急騰すると思われる時期を避けるしかありません。急騰する時期の前か、後ですが、前回は後になっても価格は下がりませんでした。すると今では、急騰する前に計画を終えることが価格を抑えて建てられる唯一の方法と思われます。住宅でも、設計と工事で、約1年掛かります。平成28年(2016年)前半までに、工事契約を結べるようなスケジュールが、便乗値上げなどの影響を受けない工事金額に収められる方法なのではないでしょうか?

  ・




その後の、令和元年(2019年)10月以降はどうなったか? と、言いますと・・・。(以降は令和元年(2019年)12月の記載です)

緩和措置

平成26年の税率変更の際と同様に、平成31年3月末までに契約が結ばれた工事には、同年9月末を過ぎた支払いになっても 8%の消費税率のままで良いとされました。

 駆け込み需要

8%→10% への税率変更が確定になり、8%の税率で工事を依頼出来る期限が分かっても、税率の変更を理由に家づくりや建物の建設をするというご相談=駆け込み需要 は有りませんでした。

ご相談をいただいていた計画でも、税率変更の影響を受けないようにしたいとのご要望もありませんでした。

それよりも駆け込み需要の影響を受けて、スケジュールの順延や工事費の高騰を避けたいと言うご要望は何度かいただきました。

便乗値上げ

税率が変更になった時点での金額の大きな変更 所謂 便乗値上げは、顕著には確認できていません。

 それよりも人材不足による人件費の高騰は以前から起こっていて、工事者側もこれ以上の値上げを行うと、工事を受注出来なくなるのではと言う懸念さえ現れ始めているようです。

令和元年(2019年)10月以降の建設物価の動向

本記事は令和元年(2019年)12月に作成していますので、もう少し後になってから、状況を把握することにします。





令和2年(2020年)に流行した新型コロナウィルスを経て、令和3年(2021年)の建設物価状況(坪あたり単価)は、

  • 木造・・・・  85~110万円/坪
  • 鉄骨造・・・140~200万円/坪
  • RC造   ・・・150~200万円/坪

という状況になっています。

住まいの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まい〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。。ただし 間取りプランの検討や作成など 費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-721-6566
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ