家注文住宅を建てるときに必要な事前準備

家を建てるとき必要なもの

家を建てるには、以下のモノが用意出来れば家は建てられます。

(a)土地(家が建てられる敷地)
(b)家を建てる費用
(c)設計を行う建築士(建築家)
(d)工事請負者(工務店・工事会社)

以上の4つによって家の品質が決まってしまうと言っても過言ではありません。

お客様-建築家-工事会社、三者の関係が公正明大であればあるほど、工事に必要な費用や諸経費は割安になります。同じ大きさの家でも、関わる人数が多くなったり、公表出来ない規制や条件があると、経費や工事等が増えて割高の家になります。

建築家の役割

上記の項目の内容を客観的に判断査定できるのは、(c)建築士(建築家)です。

例えばその役目は、

(a)土地に家が建てられるのか?を検証します。たまに、家が建てられない土地を堂々と販売していて、それを購入しようとするとき、それを見間違えないように判断します。

(b)工事等金額や諸経費が高いのか安いのか検証するのも(c)建築士(建築家)の役目です。

(d)工事会社の工事内容や質が、正しいかどうか判断するのも(c)建築士(建築家)の役割です。

space-white

住まいの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まい〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。。ただし 間取りプランの検討や作成など 費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com

(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ