家注文住宅の完成引越後に必要な費用

家を建てた後、家の維持には様々な費用が掛かります。

それはまず建てた翌年請求される、不動産取得税です。そして、毎年必ず掛かるのは、都市計画税と火災(地震)保険代。そして当たり前ですが、光熱費です。

家は、自動車のように車検はありませんが、どうしても経年で劣化する部分があり、数年に1度、取替え等を余儀なくされる部分があります。それらを列記します。

建物外装

  • シール・・・サッシや外壁に使われていて、家の揺れや温度の差で伸縮しても穴が開いたりしないように埋め込まれているもの。ただし、7~10年くらいで硬くなり、伸縮しなくなってしまします。雨水等が建物内部に侵入する原因になり、水分が建物を劣化させる原因になるので交換が必要です。
  • 屋根・防水・・・表面が保護されていない塗布防水、シート防水は劣化するので、サイクルに合わせてやり替える必要がありますが、他の工法や素材は定期的な確認を行えば良い場合が多いです。

建物内装

  • 壁紙
  • フローリング
  • タイル

設備

  • エアコン
  • コンロ
  • 排気ファン
  • 風呂
  • トイレ
  • 給湯湯沸かし器
  • 照明器具

これらの取替えを本当にすべきかどうか診断するのも建築士です。本当に修理や取替えが必要かどうかを判断します。反面、工事をする方にどうすれば良いか相談すると、そのほとんどが「交換が必要」と答えるでしょう。

関連解説記事リンク—コスト—

北島建築設計事務所のホームページにご来訪いただきまして、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様のお悩み解決にお役に立てたでしょうか。

設計業務で蓄積した、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して実現して下さい。

ご相談は初回無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。

相談フォーム(下のボタン)から、もしくは電話、メール、どちらでも構いません。

電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)

CTA-80-500-orange

合わせて読みたい関連解説記事

家づくりのしくみ・建築家の役割

家の費用・安く建てる工夫・設計料・保証

費用

設計料

保証

安く建てる

土地探しから家づくり・旗竿地・変形地・傾斜地

注文住宅

注文住宅の性能

注文住宅のデザイン

設計実績

◆「立川のロフト付き賃貸アパート併用住宅 木造耐火建築物

◆「府中彫刻家のアトリエ併用住宅

◆「東京谷中の狭小地木造3階建住宅

◆「東京千駄木のガレージ付和風3階建て住宅

◆「横浜妙蓮寺の兄弟の二世帯住宅

◆「横浜西谷の二世帯住宅

◆「福島県いわき市四倉あなだ歯科併用住宅

◆「箱根別荘バリアフリー耐震断熱リフォーム

◆「世田谷木造3階建住宅リフォーム

◆横浜の和風外観二世帯住宅

建替えの理由・方法

外観を和風にする

和室のデザイン

モダンなリビング

水廻りの工夫


住まいの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まい〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ