旗竿型路地状42条2項道路と敷地接道整理で賃貸アパート建築可能か確認

敷地は2m道路に接することが建築可能条件

東京目黒区の前面道路が路地状になっている土地を購入された方が、前面道路と土地が2メートル以上接することが整理できれば、自宅か賃貸アパートを建てたい大阪在住のお客様からご相談をいただきました。

土地は周囲を住宅に囲まれた形で、建築基準法 第42条2項道路が旗竿状(路地状)に付いている土地でした。(建物が建てられる土地は建築基準法で分類された「道路」が2メートル以上接していないとなりません)

土地と道路との境界確定は済んでおらず、土地に建物が建てられるように道路境界線の長さ=敷地の接道長さ を2メートル以上にするために様々模索し整理が出来ました。

道路境界線の確認

目黒区役所の建築指導課 窓口担当様との相談の結果、建築基準法 第42条2項の前面道路と敷地の接道条件が整理出来て、土地に建物が建築可能であることを確認出来ました。

その確認の上で「狭隘(きょうあい)道路協議」の手続きを行なって正式に道路境界線が確定しました。

それまでにこの土地を所有していた不動産会社さんや建築工事会社では道路境界線の問題が解決出来ず、今回の敷地に建物を建築するることが出来なかった模様です。

敷地の確定と敷地測量

道路境界線が確定したところで、こちらの敷地の形が定まりました。すぐに、前面道路と敷地の形状を確定させるために、土地家屋調査士さんにお願いして、敷地測量をしていただきました。

建築の設計と建築確認申請は正確な敷地測量図があることで可能になります。

アパート・マンションの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈長く満室を確保する賃貸アパートマンション〉を実現して下さい。


ご相談の初回は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。ただし 計画ヴォリュームプランや詳細な間取りプランを作成したり、事業収支計画を立案する場合は費用を頂きます。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ