和室にキッチン移しリビング広げた住宅リフォーム間取り設計

和室は無くしてよい

横浜駅港北区で木造2階建て住宅スケルトンリフォームで、既存のLDKは、1部(1/4)が和室になっていました。和室の床は畳からフローリングに以前に変えられていましたが、ご家族は「今の和室がどうも使い勝手が良くない、誰かべめあり中途半端な使い方になっている」と思われていて、「和室を無くして欲しい」ご希望いただきました。押し入れも開放して良いとのことでした。

キッチンがリビングにある

リビングと同居している壁付きのキッチンは和室の対角線上の位置にあって、リビングは和室とキッチンに挟まれた場所でした。それほど広さを感じない既存の状況でした。

間取りプランの変更

そこでキッチンを和室があった位置に移動することを考えました。これで広いリビングを確保することが出来ました。

キッチンは和室の押し入れを開放して壁付のキッチン台を差し込み長いキッチンカウンターになれました。

このキッチンの移動は、事前に内部の表面とその下地を解体撤去することをお許しくださったために、内部の配管や下地について良く分かったために出来た間取りプランの変更です。

2階の床を支える中央の柱はキッチンとリビングを区切るものとして残されました。

キッチンカウンターの検討

キッチンカウンターの形態と位置は、

  • 対面型
  • アイランド型
  • 壁付け

を比較検討していただきました。

ご検討の結果、壁付きキッチンカウンターを選んでくださいました。

無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の30年を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まいや建物〉を実現して下さい。


メールや電話によるご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。ただし 間取りプランの検討や作成など 費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


相談フォーム(下のボタン)から、もしくは電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は初回無料です。


電話:045-721-6566
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ