マンションリフォーム収納ウォークインクローゼットの賢い利用方法

ご家族の構成が変わったことで住まわれているマンションのリフォームを行うことになった収納の設計で、元々は1つの個室を部屋ごと収納=ウォークインクローゼットに利用していたお部屋を、さらに効率の良い収納にされたいご相談をいただきました。

今の収納部屋=ウォークインクローゼット

現在のウォークインクローゼットは色々なタンスや収納家具を周囲の壁面を背に並べているような状況で、部屋の中央が広いスペースになっていました。ご家族にとってはもう少しこのスペースを狭くして、さらに収納が設けられるのではないか? とお考えでした。

通路面積を最小限に

ウォーク・インクローゼットでは最小限 収納棚の前に行くための通路が必要になります。収納の量を多くするためには、出来る限りこの通路の面積を小さくして効率を上げる=収納量を増やすことが必要です。

家具を並べて利用

今あるタンスや棚は引き続き利用して、さらに収納の量を多くするためには、もともと部屋と通路とを区切っていた壁を取り払ってその面も収納に利用することにしました。(鉄筋コンクリートの耐震壁でなかったため除去できました)

収納棚として利用しているタンスや収納家具は見た目にはバラバラな形なので、来客様も通ると思われる通路にこれらのタンスが直接表れると見た目が残念なのでフスマで覆い、そのフスマをお客様が選んだ壁紙を太鼓張りに貼って隠すことにしました。

フスマは1枚の絵画になるように考えて設えました。

壁紙クロス太鼓貼り襖ふすま

フスマを開けると背面のタンスが見えて中身を出し入れできます。フスマを閉めるとそこは壁になって、フスマの背面にタンスがある事は分かりません。この通路もウォーク・インクローゼットの収納面にすることによって全体の収納量が増えました。


Warning: extract() expects parameter 1 to be array, bool given in /home/kitajima-a-d/www/kitajima/wp/wp-content/themes/xeory_base/lib/functions/bzb-functions.php on line 314

住まいの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まい〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。。ただし 間取りプランの検討や作成など 費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)