模様替え間取り変更のマンション改修リフォーム

マンションを購入されて時間が経過し、ご家族の構成が変化して、暮らしの様相も変わってきた際、部屋の中でも多少使い勝手が悪くなったり不便に思えたりするところが出て来られたとのこと。

造作の寸法を変えたり、電化製品を取り替えたりして、不便にならないようにしてきたご夫妻が、既に出来ている水回り設備や壁や扉について全く改変が出来ないものと思っていた中でもリフォームをしたいご相談をいただきました。

ご不便な感想をお聞きしていて「鉄筋コンクリート以外のものは模様替え(配置換え)が出来ますよ」と説明すると、これまで不可能と思っていたことばかりが 可能となることを聞かれ、ご夫妻に便利になるマンションになる希望が見え、半スケルトンリフォーム計画が始まりました。

部屋の使い方を変えるー個室をクローゼット収納に

お子さんが使っていた部屋は、お子さんが成人して巣立たれ、空室(雑然とした物置き)になっていました。そちらを整理し、全室の物品を集めて効率よく収納する部屋にすることになりました。

 →関連記事「マンションリフォーム収納ウォークインクローゼットの賢い利用方法」

部屋の位置を変えるー洗面脱衣と風呂

洗濯機はキッチンにあり、器具が古くなった洗面所、狭さを感じていた風呂、が離れて使われていたものを、集約して、お風呂も大きくすることにしました。

つまり洗面・脱衣・洗濯・風呂が集約されました。よく考えると分散している方がおかしいのですが、習慣というものは怖いもので、不便な住まいに暮らしや習慣を合わせてしまっていたご家族でした。

造作の位置を変えるーキッチン

キッチンは壁に囲われた中に、壁付けのキッチンがありました。しかしキッチンは食卓から一番遠い面に付いていました。

そこでキッチンの取り替えと同時に、キッチンを食卓テーブルに一番近い場所に変更しました。それだけで奥様の食事の作業の手間が大きく変わりました。

使い勝手が悪いと思ったら・・・

購入されたマンションは、既に間取りも内装も決まっていて、その内容に日々の生活習慣を合わせて来られたのではないでしょうか?

ただ、その生活も長くなり、内装も設備も全面的に取り替えが必要になる場面があると思います。

その時に、単に内装の表面材料の取り替えや設備器具の更新だけではなく、生活習慣の見直しも含めて、間取りや設備の変更も視野に入れてはいかがでしょうか?

  • 非耐震壁を取り除いて、広いLDKにする
  • 収納を見直して、より便利な個室にする
  • 水廻り室を集約して、家事の不便を無くす
  • インテリアと照明と家具調度品を、トータルにデザインして刷新したい

などなど、建物の構造や設備について、本質的な部分を周知しているからこそ出来るリフォームと言えます。気になることがあるようでしたら、一度ご相談されることをお勧めします。

マンションリフォーム

住まいの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まい〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。。ただし 間取りプランの検討や作成など 費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ