マンションリフォームで断熱遮熱防音インナーサッシ二重窓

外部窓の断熱改修

ご家族の構成が変わったことで住まわれているマンションのリフォームを行うことになった外部窓では、建物が完成した当時は窓ガラスの断熱性能は単板ガラスの窓サッシで、断熱性能は低く、最近では窓ガラスのほとんどが複層ガラスが採用されている断熱サッシです。

建物全体は鉄筋コンクリートで断熱材もしっかり施工されているので、窓ガラスの断熱性を上げることにされました。

ちなみに・・・建物における断熱性能で、開口部=窓 の部分の断熱性能は、外壁面に比べて非常に劣っており、この開口部=窓 の部分から内部の熱気や冷気が逃げ、又は外部の熱気や冷気が入り込んで来ると言ってもおかしくありません。そこで、開口部=窓 の断熱性能を上げることは、建物全体の断熱性能を向上させることに直結します。

外部サッシは取り替えられない

分譲マンションでは、自分の専有部分の内部については組合の承諾をもらって改修リフォームができますが、外壁や外部に面する窓や扉は共通の所有物という理由で勝手には変更取り替えできません。つまり既存の取り付いている窓サッシは取り替えることが出来ません。

内部側から複層ガラスサッシを付け足す

外部に面する既存の取り付けられている窓はそのままに、その内側にもう1枚窓を追加して取り付けることで断熱性能を上げる方法があります。

サッシメーカーが取り扱っている窓商品を採用して内側に複層ガラスの窓サッシを取り付けることにされました。

 →関連記事「窓リフォームの方法」(YKK)

断熱と防音の効果

内部側に複層ガラスの断熱サッシを取り付けた事は、断熱効果が向上するとともに防音の性能も向上しました。外部の騒音や振動が内部に伝わりにくいマンションになれたと思います。


Warning: extract() expects parameter 1 to be array, bool given in /home/kitajima-a-d/www/kitajima/wp/wp-content/themes/xeory_base/lib/functions/bzb-functions.php on line 314

住まいの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まい〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。。ただし 間取りプランの検討や作成など 費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)