家を建てる順序設計工事工程期間スケジュール

家づくりには沢山の人が関係する

家や建物が建てられるとき、沢山の人々が関わり、長い時間を費やして造られていることは想像できると思います。その長い期間に渡って沢山の関係者をコントロールするのは、機械でもなく法律でもありません。それはズバリ人間です。そしてその役割を、お客様ご自身が行うのは困難であることもお判りいただけると思います。

では誰が行うのか?

家を建てるのに必要な人物

家を建てるときの仕事の種類を大きく分けると、はじめに家の間取り図面を描く「設計」と、設計図を基にして組み立てる「工事」に分けられます。そして「設計」に関わる主役は建築家(設計事務所)で、「工事」に関わる主役は工務店様の現場監督です。

実はこの二人さえいれば、長い期間に渡って関わる人々のコントロールが出来ます。さらに付け加えれば、工事中の家の品質監理は建築家が行いますので、スタートからゴールまで、この2人さえ居れば家は充分に建ちます。

家を建てる順序

この2人を主な登場人物にして、建物は下記のような順序で、それぞれ必要な人物の役割によって担当され、家が出来ていきます。

土地の売買   不動産会社・宅地建物取引士
 
土地測量と登記 土地家屋調査士
 
地盤調査    構造設計者+地盤調査会社
 
既存建物解体  解体工事会社
 
銀行融資    フィナンシャルプランナー・銀行・司法書士
 
建物設計    総括意匠設計者 (建築家)+構造設計者+設備設計者
 
建設工事    工務店・建設会社・各工事担当職方

これら順序、担当とそれぞれ繋がりを持ち、お客様の家づくりの実現にお客様の立場で助言が行なう役割が設計事務所です。

家を建てるのに必要な期間

家を建てるご相談が始まって、住み始められるまで約1年掛かります。

木造2階建ての住宅として、設計・見積・工事を軸に見込むと、

  • 設計・・・・・・・3ヶ月〜
  • 工事金額見積・・・2ヶ月〜
  • 工事・・・・・・・6ヶ月〜

を見込んで、約1年と思ってください。これを圧縮短期化しようとすると、鉄道ではありませんが「特急料金」が必要になります。space-whitespace-white

関連解説記事リンク—スケジュール順序—

北島建築設計事務所のホームページにご来訪いただきまして、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様のお悩み解決にお役に立てたでしょうか。

設計業務で蓄積した、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して実現して下さい。

ご相談は初回無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。

相談フォーム(下のボタン)から、もしくは電話、メール、どちらでも構いません。

電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)

CTA-80-500-orange

合わせて読みたい関連解説記事

家づくりのしくみ・建築家の役割

家の費用・安く建てる工夫・設計料・保証

費用

設計料

保証

安く建てる

土地探しから家づくり・旗竿地・変形地・傾斜地

注文住宅

注文住宅の性能

注文住宅のデザイン

設計実績

◆「立川のロフト付き賃貸アパート併用住宅 木造耐火建築物

◆「府中彫刻家のアトリエ併用住宅

◆「東京谷中の狭小地木造3階建住宅

◆「東京千駄木のガレージ付和風3階建て住宅

◆「横浜妙蓮寺の兄弟の二世帯住宅

◆「横浜西谷の二世帯住宅

◆「福島県いわき市四倉あなだ歯科併用住宅

◆「箱根別荘バリアフリー耐震断熱リフォーム

◆「世田谷木造3階建住宅リフォーム

◆横浜の和風外観二世帯住宅

建替えの理由・方法
外観を和風にする
和室のデザイン
モダンなリビング
水廻りの工夫

住まいの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まい〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ