家注文住宅や二世帯住宅の金額費用を明朗会計

お客様の本音

お客様から、注文住宅や二世帯住宅の工事を請け負う工事会社さんとのトラブルの中の心配で、工事代金が明朗会計になるかどうかという問合せをいただきます。

お客様は工事代金が安く済むことを望んでも居られますが、一方で真っ当な金額で、しっかりとした高い品質の注文住宅や二世帯住宅を造ってもらうことも望んでおられます。

工事代金が明朗会計であるためには、下記の内容を確実にすることが重要です。

(1)工事に着手する前に工事見積金額を提示

お客様が依頼した工事内容を設計図にして、工事会社さんや工務店さんが工事を始める前に、工事で掛かる金額=見積金額を事前に提示してもらいます。

(2)見積金額を査定

この金額が設計図に基づいた工事内容に対して、真っ当かどうか(高くないか?もしくはあまりにも安くないか?)を査定します。お客様自身で査定判断が出来れば心配ありませんが、果たして提示された見積金額が高いのか安いのか判断出来ない場合は、客観的な立場で査定の出来る建築設計事務所に見てもらうのが良いでしょう。

(3)工事内容と金額を明確にして工事契約

見積金額に納得が行ったら、工事内容とその金額を明確に表して(出来れば書面にして)工事契約をしっかりと結びましょう。このやり取りが曖昧だと、後々問題になる場合があります。それは工事範囲であり、具体的な工事の詳細な内容になるときもあります。書面にする場合は両者取り交わしを行い、各々書面を保管します。

(4)契約内容通りの工事進捗

工事が周囲の方々にご迷惑にならないように進めてもらいますが、契約内容通りに工事が進んだか、済んだかを、各段階で確認しましょう。

(5)工事後の速やかな支払い

工事内容が確認出来たら、速やかに工事代金を支払いましょう。支払いの方法に何か条件がある場合は、工事契約を結ぶ時点で確認をしておくことが必要です。

良くあるトラブル

上記の流れで工事が進めば何も問題は起きないのですが、良くあるトラブルは、

(イ)工事内容が考えているものと違っていた
(ロ)工事で出来上がったものが契約内容と違う
(ハ)工事中に口頭で依頼した内容が予想に反して高い請求をされてしまった

確認内容の書面化

お客様は自分の考えの中で、工事内容や金額を思い描いていますが、それを出来る限り資料や図面、書面にすることで内容を共有して確認を行うことが必要と思います。これらのトラブルを回避するためには、

  • 工事内容の視覚化
  • 工事見積金額の査定
  • 工事内容の確認

を、お客様の立場で分かり易く説明して、公平で客観的な判断を役割とする建築設計事務所にお目付け役の判断を依頼されることをお勧めします。

関連解説記事リンク—コスト—

合わせて読みたい関連解説記事

家づくりのしくみ・建築家の役割

家の費用・安く建てる工夫・設計料・保証

費用

設計料

保証

安く建てる

土地探しから家づくり・旗竿地・変形地・傾斜地

注文住宅

注文住宅の性能

注文住宅のデザイン

設計実績

◆「立川のロフト付き賃貸アパート併用住宅 木造耐火建築物

◆「府中彫刻家のアトリエ併用住宅

◆「東京谷中の狭小地木造3階建住宅

◆「東京千駄木のガレージ付和風3階建て住宅

◆「横浜妙蓮寺の兄弟の二世帯住宅

◆「横浜西谷の二世帯住宅

◆「福島県いわき市四倉あなだ歯科併用住宅

◆「箱根別荘バリアフリー耐震断熱リフォーム

◆「世田谷木造3階建住宅リフォーム

◆横浜の和風外観二世帯住宅

建替えの理由・方法

外観を和風にする

和室のデザイン

モダンなリビング

水廻りの工夫


住まいの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まい〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ