夫婦二人で間仕切のない家―東京谷中狭小地木造3階建

間仕切りを作らないで開放的に

都心の狭小地に夫婦二人で住まう家を設計させていただきました。ご夫妻二人の家なので、二人の間では特に視線や音を仕切って遮る必要はないため、3階建てになることを上手に利用して、生活の場面を分けながら、間仕切壁を作らない開放的な家にすることになりました。

谷中の狭小地木造3階建住宅「間仕切のない家」

生活のゾーン分け

3階建てとなる家の構成を、1階を洗うゾーン、2階を楽しむゾーン、3階を休むゾーンとして、各場所の使い方を分けました。間仕切をなくすにはどうすれば良いかと考えたとき、この「洗う」「楽しむ」「休む」という使い勝手が隣り合って接するとどうしても壁や間仕切が必要になります。

そこでこの使い勝手を床で区切ることにしました。結果、間仕切壁や扉のない3階建ての家になりました。

谷中の狭小地木造3階建住宅「間仕切のない家」

関連解説記事リンク—計画方針や悩み解決—

関連解説記事リンク—間取りプラン—

合わせて読みたい関連解説記事

◆「東京谷中の狭小地木造3階建住宅

家づくりのしくみ・建築家の役割

家の費用・安く建てる工夫・設計料・保証

費用

設計料

保証

安く建てる

土地探しから家づくり・旗竿地・変形地・傾斜地

注文住宅

注文住宅の性能

注文住宅のデザイン

設計実績

◆「立川のロフト付き賃貸アパート併用住宅 木造耐火建築物

◆「府中彫刻家のアトリエ併用住宅

◆「東京谷中の狭小地木造3階建住宅

◆「東京千駄木のガレージ付和風3階建て住宅

◆「横浜妙蓮寺の兄弟の二世帯住宅

◆「横浜西谷の二世帯住宅

◆「福島県いわき市四倉あなだ歯科併用住宅

◆「箱根別荘バリアフリー耐震断熱リフォーム

◆「世田谷木造3階建住宅リフォーム

◆横浜の和風外観二世帯住宅

建替えの理由・方法

外観を和風にする

和室のデザイン

モダンなリビング

水廻りの工夫

二世帯住宅


住まいの無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まい〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


お問合せは、相談フォーム(下のボタン)から、または電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ