傾斜地がけ地に家注文住宅二世帯住宅を建てる相談会

傾斜地やがけ地、もしくは大規模に造成開発された土地に、住宅や建物をお考えの方は、ご購入の前に簡単でも構造技術、耐震設計について相談して、おおよその必要金額や構造方法を確認をしておくことをお勧めします。

傾斜地が60%の横浜市

横浜市、神奈川県は傾斜地やがけ地がとても多い地域です。土地を購入するとき、家を建てるときにその敷地が傾斜地だったり、隣地との高低差があって、安全な家が建てられるかどうか心配な場合が多いです。

傾斜地で家を建てる心配

  • 土地全体が斜めになっているが、家が建てられるか?
  • 土地の値段が平坦地に較べて安いが、何か理由があるのか?
  • 土地の一部が急ながけになっているが、何か対策が必要か?
  • 隣地との境界ががけになっているが、がけ崩れが起きないか心配
  • 自分の土地が切土と言われたが、どんな影響があるか?
  • 広く宅地造成された分譲地の購入を検討しているが、どんな点に注意すべき?
  • 傾斜地に家を建てて眺めの良いリビングにしたい

悩みは沢山あって尽きません。

横浜市建築基準条例

解決実現には沢山の専門的知識と技術、クリアすべき条例があり、確実な設計や工事を施さないと安全を担保出来ません。横浜市では「横浜市建築基準条例」をはじめとする条例があり、これらをクリアしないと傾斜地やがけ地では建物は建てられません。

設計事務所の確認

傾斜地を購入する前に、がけ地に家を建てることを考え始めたときに、家族の安全を守るためにどうすれば良いかを、構造技術、法令や条例、必要予算を簡単でも確認しておくことが必要です。

傾斜地やがけ地は同じ面積の平坦地と比べると、土地の値段は安い場合が多く、その金額の魅力で購入を決める方が多い様です。しかし傾斜地では建物の基礎や、土留めの擁壁などに高額の費用が発生することがほとんどで、土地代と建物や工作物の費用を合計するとほぼ同額になる傾向があります。

購入には、土地の広さや金額だけで購入を決めず、その後に造る建物に、予想をしない費用が掛からないかどうかを確認しておくことお勧めしています。

space-white

無料相談・お問合せ

北島建築設計事務所の実績解説をご覧いただき、誠にありがとうございます。北島俊嗣の四半世紀を越える設計業務経験に基づいた設計実績解説は、お客様の家づくりや建物のお悩みの解決にお役に立てたでしょうか。


設計業務で蓄積させていただいた、間取りプランの作成・確実な法的届出・工事予算抑制の工夫・防音や断熱の技術・空調や照明の知識 などを存分に利用していただくことで、お困りの課題を解決して、予算の範囲で〈豊かに暮らせる住まいや建物〉を実現して下さい。


ご相談は無料です。ご相談をいただいても直ぐに費用は発生しません。費用が発生する場合は事前にご説明し、ご納得いただいてからになります。ご相談には責任あるお応えをさせていただきます。


相談フォーム(下のボタン)から、もしくは電話、メール、どちらでも構いません。ご相談は初回無料です。


電話:045-212-2547
メール:info@kitajima-architecture-design.com
(タッチして つながります)


無料相談・お問合せ